calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

ヘッドライトのオートハイビーム機能とは

0

     

    最近、夜間運転時、ヘッドライトはできる限りハイビームを使うよう、指導されるようになってきた。

     

    ハイビームを使えと言われても、前を走る車や対向車のことを考えると、ずっとハイビームにしておくことは、マナー違反だと思う。

    結果、きめ細かくハイビーム/ロービームの切り替えを行う必要があり、結構煩わしい。

     

    その煩わしさを解消する機能を持っているオートハイビーム機能について触れたいと思う。


    私が車を買う時、勧められた車の売りの特徴の一つにオートハイビーム機能がついていることがあった。


    営業マンの説明では、オートハイビームに設定しておくと、通常はロービーム走行であるが、時速65Km?以上のスピードになると、ヘッドライトがハイビームに切り替わる。

     

    然し、前に車がいたり、対向車がいると、全体はハイビームでも、その部分だけは、自動的にロービームに切り替わり、相手は眩しくないという説明であった。

     

    本当だとしたら、とても便利な機能である。

    どうして、そんなことが出来るのかと訊いたが、仕組みはわからないと言う。

     

    百聞は一見にしかず。

    車を買って、夜の高速道路で、オートハイビームにセットしてテスト走行してみた。

     

    そうすると、前方に車がいないとハイビームになっているが、前の車に追いつくと、前方正面だけが自動的にロービームに切り替わる。

    右から対向車が来ると、右のヘッドライトが自動的にロービームに切り替わる。

     

    ハイビームとロービームの切り替えという面倒な操作が不要なのである。

     

    実際に使うと、考えていた以上に便利な機能である。

     

    ヘッドライトの動きをみていると、右、左、正面とライトのユニットが大きく3つに分かれているようだ。


    そして、対向車や前方に車がいると、センサーが感知し、その箇所のヘッドライトがアップビームからロービームに切り替える。
    いなくなると、ロービームからアップビームに切り替える。

     

    ヘッドライトが車を感知するたび、カチャカチャとアップビームとロービームが切り替わる様子をみていると、まるでロボットのようで面白い。

     

    当分の間、ハイビーム/ロービームの自動切り替えを楽しみながら、車を走らせた。

     

    センサー技術と、制御技術、それらをコントロールするソフトウェア。

     

    個々の技術の進歩と、それらの技術を組み合わせる技術の進歩を、車を運転しながら体感できることは楽しい。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック