calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

老後の趣味候補「ボーカル」にチャレンジ

0

     

    前回、老後の趣味について書いたが、早速「ボーカル」にチャレンジすることとした。

     

    ミーハーの私は神戸のジャズライブで、ドラムスのかっこよさに惹かれ、県民の森でサックス生演奏のかっこよさに惹かれ、どちらかのレッスンを受けたいと島村楽器に行ったことがある。

     

    然し、右と左を独立に扱う技術の無い私にはドラムスは無理、サックスは前歯が傷むと聞き、この年になって大事な歯が欠けては困るので、これも無理と判明。

     

    どちらも不向きなようで、どうしようかと考えていた矢先のことである。

     

    同業の方と飲みに出かけ、二次会にピアノ生カラオケに誘われた。

     

    歌は下手でも好奇心旺盛な私は、一緒に行くことにした。

     

    その店では、ママが即興で弾くピアノをバックに気持ちよくカラオケを歌った。

     

    驚いたことは、帰りにお土産ですと言って、私が歌った歌を録音したCDをくれたことである。

     

    帰宅して、CDを聞いてがっくり。

     

    下手だとは自覚していたが、その下手さが露骨に出ているだけでなく、声が細くなっていることにショックを受けた。

     

    カラオケのある店は、うるさいだけでなく、知らない客の歌でもお愛想で手を叩かなければならない。

     

    そんな面倒なことをするくらいなら、店の女の子と他愛ない話をした方が楽しい時間が過ごせるので、お付き合い以外は、カラオケのない店に行っている。

     

    お付き合いが少なくなり歌う機会が減ったせいか、声が細くなっているのだろう。

     

    声に張りがなくなるのは年寄りの兆し。

     

    それで思いついたのが、ボーカルレッスンを受けることである。

     

    カラオケ教室に行くと、バイブレーションとか歌い方の技巧しか教えない。

     

    技巧に走ったカラオケ独特の歌い方は私の好みに合わない。

     

    その点、ボーカルレッスンは、発声法の基礎から教えてくれる。

     

    お腹から出す発声法を学ぶことで、声帯が細くなることを防げるだろうし、呼吸法もマスターできるだろう。

     

    島村楽器に行き、ボーカルの無料体験レッスンを受け、自分に取って有益と判断したので、来年1月から、ボーカルレッスンを受けることにした。

    「少年老い易く学成り難し」なんて悠長なことを言っておられない。

     

    私には残りの時間が少なく、明日という一日が大事なのである。

     

    決めたら、即実行、ダメだったら、即辞める。

     

    この精神で色々チャレンジして行かないと、何も出来ないまま終わりそうで、耐えられそうにない。


    老後に備え、生活の軸となる趣味探し

    0

       

      私の最近の一番の楽しみは、「食」である。

       

      美味しいと聞けば、どこにでも食べに行きたいし、買いに行きたい。

       

      何となく人間として情けない気がするが、友人の多くが同じような志向なので、これが歳をとることかと、半ば諦めているところがある。

       

      そうした折、ネットで、老後から始められる趣味について記述している記事を見つけた。

       

      お坊さんが書いた記事で、3項目挙げていた。

       

      ・英語
      ・絵
      ・俳句

       

      身体が動くうちは、まだ色々なことが出来るが、動かなくなった時でも続けられる趣味について触れていた。

       

      まさに、私自身が最近痛感し、模索していることである。

       

      脊柱管狭窄症とは言え、フィットネスにも通えるし、ドライブに行くことも出来る。

       

      然し、身体が動かなくなると、出来なくなることなので、今のうちに他の何かを始めておく必要がある。

       

      記事に掲載されていた3つの趣味について考えた。

       

      「英語」は、パソコンでロゼッタストーンを使って細々と遊んでいるし、ドラマや映画は字幕で観ており、何らかの形で英語に接しているので、今のまま継続させれば良い。

       

      「絵」は、子供の時から苦手で、今更始める気がしない。

       

      その代わり、「音楽」については、聴くことは好きなので、自分でも何か始められそうな気がする。

       

      「俳句」は、全く未知の領域である。

       

      文章を書かなくなったらお終いだと思い、サボりがちながらもブログを書いているが、俳句は、五・七・五の十七音で言いたいことを表現する必要がある。

       

      十七音に凝縮された思いを正確に込めることは大変であるだけに、頭をぼけさせないためには絶大な威力を発揮するであろう。

       

      私の友人の一人はギターが趣味(と言うよりプロの領域)で、足が動けなくなっても手が動けば良いと言っている。

       

      足を切断するか手を切断するかと言われたら、迷わず足を切断するとはっきり言う。

       

      これだけ確固たる趣味を持っている彼が羨ましい。

       

      今のうちに、身体が動かなくなっても出来る趣味を見つけておきたい。

       

      然も、その趣味は自ら進んで行え且つ生活の軸となる趣味でなければ意味がない。

       

      遅まきながら、本気で自分の生涯の趣味を見つける時期が来たことを痛感する。


      マンションリサーチ第三弾(グレース幟町タワー)

      0

        先週末、マンションリサーチ第三弾にでかけた。

        今回は、上幟町の18Fのタワーマンションであるグレース幟町タワー。

         

        余談であるが、タワーマンションというと、高層マンションのことだと思っていたので、18Fタワーマンションもタワーマンションと言うのか気になる。
        ネットでタワーマンションの定義を調べて見ると、明確な定義はなく、一般論として、「高さ60m以上、階数でおよそ20階建て以上の住居用建築物」が目安になるようだ。

         

        さて、今回リサーチしたマンション。

        第一期分譲は終わり、第二期分譲販売である。

        第一弾でリサーチしたあるマンションと比べ、周りの環境は良さそうだ。

        気になるのは、第二期分だけあって、良い場所が少ないと感じる点。

         

        このマンションの特徴は、18Fで35戸。
        最上階のフロアが1戸で、その他は、1フロア2戸。

        広島駅、八丁堀界隈もタクシーワンメーターで行ける行ける距離である。

         

        ある不動産屋さんの話なので、割り引いて聞く必要はあるが、最近の評判では、上幟町は、ちょっと外れた場所ということも聞く。

         

        第二弾でリサーチしたhitoto 広島 The Towerと比較して、コンセプトは真逆である。

         

        hitoto 広島 The Towerは、人と人のつながりを重視。
        むしろうたい文句にしている。

        それに比べ、グレース幟町タワーは、個人のプライバシー重視。
        マンション住民と会う機会は非常に少ないであろう。

         

        次回、再度、hitoto 広島 The Towerの敷地内をリサーチに行く予定なので、その結果を踏まえ、両者を比較検討してみたい。

         

        それにしても、マンションのモデルルームは全く意味を為さないと感じる。

        見栄え良くするため、家具調度品を揃えるだけならまだしも、間取りを変えたりしているので、実態がわかりにくい。

        リビングルームはどの程度の広さか、ベッドルームにベッドと机を入れると、空き空間はどの程度あるのか、実際のところを知りたいのに、変に変えているのでイメージがわかず、肝心の知りたいことがわからないからである。

         

        イメージだけでマンションを買う人はいないはずだ。
         


        高層マンションリサーチ

        0

           

          先々週に続き、先週末もマンションリサーチに出かけた。

           

          今回のマンションは、53Fのタワーマンション。

          高さもさることながら、周りにこれだけの緑があるマンションは中心部にはないだろう。

           

          共用施設も充実。
          1Fに各種コミュニティスペース。
          47Fに入居者専用のオーナーズビューラウンジ。
          53Fにスカイラウンジ等々。

           

          ゴミは24時間、各階で捨てることができる。
          ディスポーザー付きのキッチン。
          自走式の駐車場。

           

          コンシェルジェも付いており、至れり尽くせり。
          庭の手入れをしなくても、散歩がてら緑が楽しめるし、年を取って動きづらくなった時、快適に過ごせそうである。

           

          然しである。
          駐車場代も含め、月のランニングコストは、ざっと5万。
          年換算60万である。

           

          年金生活者には重い金額である。

          交通の便が良く、高層階からの眺望を楽しめるのは魅力的であるが、果たして現実的なのであろうか。

          この金額は、外での食事を楽しんだり、何回かの旅行が楽しめる金額である。

           

          車を手放せば駐車場料金が不要となり、足腰も弱くなって旅行もままならず、行く場所も限られるような状態になると、まだ現実味のある金額と言えるかも知れない。

           

          現実的な問題と価値観と、複雑に絡み合っている。

           

          いずれにしても、人生終焉を迎えるにあたって、今から全ての選択肢を放棄することはない。

           

          可能性を追求すること自体に意義があり、幸いマンションリサーチにはお金がかかるわけではないので、もうしばらくは、マンションリサーチを楽しもうと思う。
           


          市中心部マンションへの住み替えリサーチ開始

          0

             

            今週の日曜、夜遅くなり、「さかな市場」に行く羽目になったのは、マンション購入事前説明会に行っていたためである。

             

            現在私が住んでいる場所は、市近郊の住宅街で、親の代からの戸建て。

            もっと高齢になったときのことを考え、便利の良い中心部のマンションに住み替えるのも、一つの考え方である。

            人生終焉を迎えるにあたっての準備作業の一環である。

             

            ネット検索し、とりあえず、めぼしい3つのマンションの資料を取り寄せ、そのうちの一軒の事前説明会に出向いた。

             

            頭に描いている間取りは、3LDK。

            妻と二人でくつろぐ部屋と、それぞれの専用の部屋で2部屋、子供が来たとき、泊まることが出来るよう、もう一部屋と考えての3LDKである。

             

            対応した営業マンはよくしゃべる営業マンで、色々な話題が出、話は楽しい。

            一番のセールスポイントは、「何をするにも便利」だということ。

            確かに広島駅にも近いし、三越、福屋といったデパートにも近い。
            何れもタクシーでワンメーターの距離である。

             

            一通り、説明を聞いた後、モデルルームへ。

            狭い!
            3LDKと言っても、こんなに狭いと、何も持って行けない。

             

            マンションに住み替えるには、断捨離を断行するつもりでいたが、断捨離以前の問題で、ダイニングテーブルとくつろいでテレビを観るための、シモンズのチェアーを持って行くだけで、リビングルームともう一部屋(5畳相当)が潰れる。

            趣味で集めた陶磁器類を格納しているキュリオケースを置くスペースがない。

             

            必要最低限どころか、全てを捨てて住み替えなければならない。

            いくら便利だと言っても、これでは、豊かな老後の過ごし方は出来ない。

             

            工事中の現地を案内してくれたが、便利は良くても、周りの環境は良いとは言えないと感じる。

            将来、環境が整備されると聞いたが、整備される頃まで、生きてはいないであろう。

             

            ただ、営業マンが色々なマンション情報を聞かせてくれたので、大いに参考になった。

            日頃、接することのない環境に接するのも一つの刺激と考えれば、残りの2つのマンションの事前説明会にも参加し、帰りに食事をして帰るのも一つの楽しみ方であろう。

             

            ひょっとしたら、気に入ったマンションに出会えるかも知れないし。
             


            車を買い換え

            0

              車を買い換えた。

               

              理由は

              ・乗っていた車の性能が良すぎする
              ・もっと車のサイズを小さくしたい
              ・楽に荷物の出し入れをしたい

              と、要は歳のせいで、自分の運転能力の衰えを感じたためである。

               

              私は、どちらかと言うと、スピード凶の部類に属し、スタートダッシュ、高速でのダッシュで他の車に負けたくないという思いが強い。

               

              買い換え前の車は、漠然と車を見に行ったディーラーで、試乗した車に一目惚れし、翌日契約に行ったという経緯のある車である。

              200馬力以上のツインカムターボエンジン車で、性能は抜群であった。

               

              歳を取ると、車の運転一つをとっても、勘が鈍り、とっさの反応も遅くなり、それだけ事故の確率が高くなる。

               

              車の性能が良いと、つい闘争心が頭をもたげ、結果的に危険な運転をしてしまう。
              然し、性能の良い車を操る技術が無くなって来ていることは事実である。
              性能の良い車を持つことは走る凶器を持つに等しい。

               

              同じく運転技術の衰えから、見極めの運転感覚が鈍って来た。
              見極めに対する自信も揺らぐようになり、小さいサイズの車の方がリスクは減ると感じる。

               

              私は4ドアセダン車にこだわりを持って、ずっと乗って来たが、腰痛がひどくなり、底が深いトランクから荷物を取り出すことが困難になってきた。
              荷物を楽に取り出せる、ファイブドア車が楽で良い。

               

              そろそろ車の買い換えどきかなと、ディーラーに視察に行った。

               

              ところが、私はついていると言うべきなのか、それとも逆と言うべきなのかわからないが、偶然にも、条件にぴったりの車があった。

              前の車には、まだ未練があったが、これからのことを考えると買い換えるべきだと思い、一週間後に契約した。

               

              エンジン排気量は、1,400CCと小さく、車のサイズも横は、1,8mあるが、縦は、4.3mを切るサイズである。

               

              自分の現在の運転能力を客観的に判断し、これからの過ごし方を考慮した車の買い換えは必要だと感じる。

              そうは言いながら、気持ち的に割り切れない部分があり、一応、ツインカムターボエンジンモデルにし、通常走行では、無理をしなければ快適な運転が楽しめる車種を選択した。

               

              色々、わかったような御託を並べても、凡人は、所詮凡人であることを自覚するとともにわかっていても、全てを割り切ることは、非常に難しいことも痛感した。

               

              これも残りの人生を楽しく豊かに過ごすための準備の一つなのだろう。
               


              人生終焉を迎えるにあたって、何を為すべきか

              0

                男の平均寿命は、約80歳。

                古希を過ぎると、平均余命は10年しかない。

                 

                還暦を迎えたときは、まだ仕事で突っ走っていたせいもあり、何も考えなかったが、人生には必ず、終わりがあることを、否が応でも意識するようになった。

                 

                人生終焉に向けて、今、準備すべきこと、やるべきことがあるはずだ。

                 

                これを残したい、あれを残したい、自分の生きた証を残したいと、いった考えは毛頭なく、現実問題として、何を為すべきかが、人生終焉を迎えるにあたり、最低限のことはしておきたい。

                 

                思いつくまま、項目を挙げてみた。

                 

                1.最後の10年を楽しく豊かに過ごせるための準備

                2.自分の葬儀及び墓の扱いについて明確にしておくこと

                3.相続関係を明確にしておくこと

                 

                この観点に従って、何らかの形でアクションを取りたいと思うが、死後のことより、まずは身近な課題である、最後の10年を楽しく豊かに過ごせるための準備について考えることとした。

                 

                楽しく豊かにと口で言うのは簡単であるが、真面目に考え始めると、何から手をつけ、考えて良いかもわからない。

                 

                少しずつ、ブレークダウンしながら考えて行きたい。
                 


                | 1/1PAGES |