べスプリット ウォーターレス クレンジング ハンドジェル

0

     

    除菌シートを車において必要な時に使っているが、アルコール消毒液まではおいていない。

     

    然し、昨今はどこの店に行ってもアルコール消毒液がおいてあり、手を消毒する。

     

    これがいつの間にか当たり前のこととなり、逆に外出時、消毒液がないと不安になることさえある。

     

    携帯用消毒液を買いたいと思ったが、この時期、どこにも売っていない。

     

    何とか手に入れたいと思っていたところ、コストコで、べスプリット ウォーターレス クレンジング ハンドジェルという抗菌ジェルを見つけ、購入した。

     

     

    ケースの中に、30ml入りボトルが30本、入っており、グリーンティ、フレンチラベンダー、フレッシュレモンの3種類の香りが付いている。

     

     

    あのちょっとぬるっとした気持ち悪い感触のジェルだろうと思い、且つ香りが付いていることにも抵抗があったが、とりあえず手に入るだけでもいい。

     

    しかもコンパクトで持ち歩きに便利、必要な時気軽に使える。

     

    新型コロナに対し、必要以上に過敏になっているのかも知れないが、今は身を守るためにも外出時、持っている必要がある。

     

    抗菌ジェルを持っているだけで、漠然とした不安感から解消される点も大きい。

     

    何の商品知識も無く購入したので、このジェルを調べるとちょっと嫌なことが書いてある。

     

    成分は、エタノール・水・PEG-40水添ヒマシ油・カルボマー・TEA・香料・トリクロサン(+/-)赤504・黄4・赤227。

     

    ところが、この成分のうちトリクロサンが問題と口コミに載っている。

     

    トリクロサンは、ウィキペディアによると

     

    トリクロサン(英語: Triclosan)は、医薬部外品の薬用石鹸、うがい薬、食器用洗剤、練り歯磨き、脱臭剤、手の消毒剤、及び化粧品など、様々な場面で使用されている、一般的な家庭用の抗菌剤である。アメリカではその効果への疑問や健康リスクからトリクロサンを含む一般用抗菌石鹸の販売は禁止されている。


    2016年、アメリカ食品医薬品局(FDA)は、2016年9月2日に、トリクロサンやトリクロカルバン(英語版)など19種類の殺菌剤を含有する抗菌石鹸は、通常の石鹸と比べて優れた殺菌効果があるとは言えない上、免疫系に打撃を与えるリスクがあることを発表し、2017年9月に一般用抗菌石鹸の販売を禁止した。


    2018年、トリクロサンはマウスの腸内細菌に影響を与えその結果大腸炎や大腸がんを増加させることが報告された。

     

    と記述されている。

     

    これはまずい!と思い、返品することを考えたが、使う頻度は数少ない。

     

    しかも石鹸、洗剤、練り歯磨き、化粧品等々、多くの商品に使われているが、今までも知らずに使っている商品は多いだろう。

     

    自分の寿命を考えると、今更気にしても余り意味がないだろうと判断した。

     

    それより、新型コロナ対策の一種のお守りとして持っておくほうが精神的面の効果は大である。

     

    除菌シートを車の中に入れておくと、乾燥して直ぐ使えなくなるが、除菌ジェルなら車の中に入れておいても乾燥することなく、必要な時はいつでも使えることも大きい。

     

    コロナ過は初めての経験なので戸惑うことが多いが、新たに知ることも多い。トリクロサンについて知っておられる方は、どのように考え、対されているのか、是非とも知りたい。


    クレスカローレ

    0

       

      お気に入りの通販サイトで、クレスカローレの商品を見つけた。

       

       

      それまで聞いたこともないブランド名だったが、信用出来る通販サイトなので、オールインワン毛布と敷きパッドを購入した。

       

      説明を読むと手軽で暖かく、寝心地がとても良いと書いてある。

       

      保温効果を高めるための素材や構造が説明されており、その説明が妙に説得力があった。

       

      購入して実際、使ってみるととても暖かく、肌の感触もとても気持ちよく、宣伝通り心地よく眠ることができる優れものである。

       

      デザインもオシャレで高級感がある。

       

      オールインワン毛布は袋状になっていて、羽毛布団を入れ掛けふとんとして使う。

       

      敷きパッドと合わせて使うことにより、布団の中はポカポカ。

       

      時には暖かすぎて、足を出すこともしばしば。

       

      暖冬のせいもあるが、この冬は、寒いときでも就寝前1時間、エアコンをつければ後は寒さ知らずで過ごすことができた。

       

      やはり色々なところにアンテナを張っておくべきだ。

       

      このクレスカローレを知らなかったら、この冬、こんなに快適には眠れなかったであろう。


      Boseサウンドバー

      0

         

        Android TVやChromecastを買って、Amazon primeのドラマや映画を簡単に見る機会が増えるに連れ、臨場感溢れる音響を望むようになった。

         

        と言ってもマニアではないので、スリムで手軽なサウンドバーで十分。

         

        そうした条件にぴったりのBoseサウンドバーをコストコで売っていた。

         

        この類の商品は、必ずストアクーポン適用で安くなる。

         

        年金生活になった私は少し賢くなって、欲しいものは直ぐ買うと習性から脱し、安くなるまで我慢することができるようになった。

         

        案の定、¥5,000offになった。

         

        新機種が出たので在庫処分が始まったと考え、ここが買い時と購入した。

         

        テレビとは光ケーブルで接続し、映画やドラマを楽しむと同時に、BluetoothでAmazon musicで音楽も楽しめるようになった。

         

        特にBluetooth対応スピーカーはANKERの廉価なスピーカーしか持っていなかったので、音響の効果は大であった。

         

        それからしばらく経った頃、同じ商品が、¥10,000offになった。

         

        底の価格だと思って買ったのに、まだ安くなるとは許せない。

         

        と思った私は、後先考えずもう1つ買った。

         

        少しは賢くなったと思っていたが、また馬鹿なことをしてしまったのだ。

         

        買ったのは良いが、どこで使おうかと考えた末、リビングルームに設置している10年前に買ったテレビに接続することにした。

         

        然し、リビングルームには快適なシモンズのリクライニングチェアーを置いており、それが余りに快適過ぎて、テレビを観ながら不覚にも寝てしまう。

         

        テレビを前にしてリクライニングチェアーで寝る姿は、まさに恍惚のおじいちゃん。

         

        絶対そうなりたくないと思うが、逆にそれが平和な暮らしと考えなければならない歳なのだろうか。

         

        今回のコロナウィルス騒動で、家にいる機会が増えたが、結果的に妻とそれぞれが楽しむ1つの環境が出来たサウンドバーであった。

         

        それにしても世の中随分変わったものである。

         

        音質が良いので使っていたCDプレーヤーが不要になり、スマホとスピーカーさえあれば十分となった。

         

        家の中でもスマホさえ持ち歩けば、映画やドラマを見ることが出来るし、音楽を聴くことも出来る。

         

        便利で合理的なものは、これからも取り入れて行きたいが、いつまで技術の進歩を咀嚼できるかが、問題である。


        ゼロクッション

        0

           

          東急ハンズでゼロクッションなるものを見つけた。

           

           

          以前流行ったもので、長時間座っても腰が痛くならないことが売りのようだ。

           

          テレビショッピングでブルーマジックとか夢ジェルクッションという同じような商品を見たことがある。

           

          何れも、卵を乗せて座っても卵が割れないと宣伝している。

           

          座ると気持ちよさそうであるが、卵の上に座っても割れないと宣伝していると、眉唾物だと思っていた。

           

          然も価格が倍以上違うので、何が正しいのか判断がつかない。

           

          使ってみたらどうかと思いながら、買う気にならなかった。

           

          それらと同じ類の商品のゼロクッションであるが、東急ハンズで売っているというだけで一気に信頼度が上がる。

           

          試しに座ってみると、座り心地が良く、購入した。

           

          帰宅して早速、ダイニングルームの椅子に設置。

           

           

          効果はわからないが、なかなか座り心地が良く、長時間座っていてもお尻が痛くならないので、追加購入することにした。

           

          ネットで販売していないか検索すると、ネットの方が安い。

           

          ネットで、安くなっている2個セットを購入。

           

          結局、ゼロクッション、ブルーマジック、夢ジェルクッションの差はわからないが、やはり名のある実店舗で、実際に確かめることが出来るのは強みだと感じる。

           

          東急ハンズで見つけなかったら、未だに買っていないと思うからである。


          キッチンエイド〜初めてエグゼクティブ会員メリットを享受〜

          0

             

            コストコのエグゼクティブカードのうたい文句は、通常のカードと比べ、ポイントが2%上乗せされることにある。

             

            ざっくり言うと、年に20万以上、コストコで買い物をすると、高い会費がの回収出来る。

             

            買えば買うほどお得であるということだ。

             

            然し、お得と言ってもそれなりのお金を使わなければならない。

             

            一種のパラドックスである。

             

            私が勧められるまま、エグゼクティブ会員になったのは物見高い性格に加え、一応プレミアムカードなので、ポイント以外のインセンティブがつくはずだと考えたからである。

             

            2月初めに上乗せポイントが付いたが、狙っているインセンティブは、なかなか付かない。

             

            ところが、2月下旬、インセンティブ商品が出た。

             

            キッチンエイドが安くなったのである。

            キッチンエイドのコストコ価格:¥39,800
            通常会員割引価格:¥31,800
            エグゼクティブ会員価格:¥21,800

             

             

            私の思惑通り、エグゼクティブ会員のメリットを享受出来る初めての機会が到来した。

             

            馬鹿な私はそれだけが嬉しくて、後先考えず、ミキサーなので使い道はあるだろうとキッチンエイドを購入した。

             

             

            然し、具体的には何に使うのだろう?

             

            ネットで調べると、パンやケーキ、餅といった類のものを作ることが出来るようだ。

             

            パンや餅がそんなに好きでない私は、どうしたものかと考えあぐねる。

             

            然し、帰宅して妻に大自慢した手前、後には引き下がれない。

             

            考えた末、カステラを作れば良いことに気がついた。

             

             

            私は妻が作るカステラが大好きである。

            キッチンエイドがあれば、妻が簡単にカステラを作ることで、毎日でも食べることが出来る。

             

            かなり無理な理屈であるが、そう考えるしかない。

             

            最後の落としどころは、そのうち息子夫婦にやることである。

             

            エグゼクティブカードのメリットを享受するため、無理矢理購入した馬鹿さ加減は死ななきゃ治らない。


            アネロのリュック

            0

               

              コストコでアネロのリュックを格安?で購入した。

               

              アネロについて何の予備知識もなかったが、A4サイス収納可、使い勝手が良さそうで、かつカジュアルな感じが気に入った。

               

              実はボーカルレッスン通いで、A4サイズの譜面が入るハートマンのトートバッグを使っていたが、レッスン通いで使うには、ちょっと重い感じがしていた。

               

              形から入る私に取って、このアネロのリュックはボーカルレッスン通いにぴったりだと感じた。

               

              説明をみると女性用のリュックのようであったが、気に入ったのだから女性用でもいいやと思い、落ち着いた色のリュックを買った。

               

               

              ファミリーのラインにリュックの写真を送ると、すかさず義娘から、アネロのママバッグを買ったのですか?と返事が来た。

               

              2年位前、ママバッグとしての人気ブランドだと言う。

               

              70歳を過ぎたおじいさんが、ママバッグを背負ってボーカルレッスンに行くのもカッコイイじゃないかと思いながら、興味津々でアネロ 公式通販サイトを見た。

               

              コストコの在庫一掃処分品だと思っていたが、同じリュックがまだ掲載されていた。

               

              そこでわかったことは、このリュックはユニセックス。

               

               

              今の世の中、男性用とか女性用とかこだわる世の中ではなくなっているのだろう。


              最近の中国家電製品はお買い得

              0

                 

                最近、過去の経験から、絶対手を出さなかった中国製品をファーウェイ、ハイアールと続けて買った。

                 

                かなり前になるが、ソフトウェア開発を中国に発注することが盛んに行われた。

                 

                人件費の安い優秀な中国人を使うことをうたい文句に、メーカー系は猫も杓子も中国に現地法人を作った。

                 

                私が勤務していたメーカーも北京や上海に現地法人を設立した。

                 

                ソフトウェア開発に従事していた私は強制的に中国の現地法人を使うことを余儀なくされた。

                 

                 

                発注する開発テーマを決め、最初の3年間オンショア開発、その後、オフショア開発に切り替えるというストーリーの基である。

                私の部署に配属された数人の中国人技術者は、さすがに選ばれた技術者だけあって、全員頭が良く優秀で、かつ真面目であった。

                 

                ところが、質に関しては無頓着であった。

                 

                決して彼らが無責任だったわけではない。

                 

                私は大陸気質と悠久4000年の歴史に比べ、ソフトウェアのバグは取るに足らないものという風土があるのだろうと解釈した。

                 

                更にソフトウェア開発の基本を知らず、一からソフトウェアエンジニアリングについて教える必要があった。

                 

                ソフトウェア開発に当たり、これらの負の要因は一朝一夕で改められるるものではない。

                 

                案の定、オフショア開発に切り変えた以降、バグだらけの納入物件を受けざるを得ない羽目に陥った。

                 

                それでも会社の方は、強制的に外注比率:○○%以上、中国現地法人を使うことを義務づけた。

                 

                日本企業らしい一律○○%という馬鹿なやり方である。

                 

                そのうち、品質問題が続出した。

                 

                納入物件がバグだらけで全く使い物にならず、遂には日本で作り直しをするという悲惨な事業部も出て来た。

                 

                人件費は安くても、現地中国要員を管理するため、マネージャークラスを出張させ、挙げ句の果ては品質の悪い納入物件を受け取り、結果的には却って高い開発費になっていた。

                 

                私は横目でみながら、まだまだ中国の技術は熟成しておらず、まともになるには相当の年月がかかると思い、プロトタイプ系ソフトウェアの発注に留めていたので自部門での被害を最小限に食い止めることができた。

                 

                そういった苦い経験に加え、中国で買って来た一般商品に多くの不良品があり、痛い目に遭った。

                 

                中国に秀水街という怪しい店が立ち並んでいる場所がある。

                 

                そういう所でないまともと思われる店で買った絹のパジャマが一回洗っただけでボタンが全部取れたことがある。

                 

                日本でも有名な滋養強壮に良く効く有名な漢方薬?に実は水銀が入っていることが発覚したこともある。

                 

                現地の人に教えてもらったパール入りの肌が美しくなる化粧品にも、実は水銀が入っていたこともあった。

                 

                買って良かったのは、硯と白檀の扇子くらいである。

                 

                このような過去の痛い経験から、一切中国製品を避けて来たが、今回購入した2製品でイメージが随分変わった。

                 

                ファーウェイは評判通り、価格の割に高スペックで使いやすい。

                 

                品質面も安定しており、前のシャープの製品より安定していると感じる。

                 

                特にBluetoothとの相性が随分良くなり、車で音楽を聴を時、必ずと言って良いほど再設定が必要であったが、そのイライラ感がなくなった。

                ハイアールの冷凍庫は、品質・性能面とも全く問題無い。

                 

                むしろ、シンプルな構造で使いやすさを考慮して作られている気がする。

                 

                日本の家電メーカーは付加価値を出そうと余りに機能盛りだくさん。

                 

                却って使いずらいし、使って何の効果があるのだろうかと思われる無駄な機能がてんこ盛り。

                 

                悪い意味でオーバースペックになっている。

                 

                その上、価格が高いとなると、ハイアールの方が売れるようになるのではないだろうか。

                 

                もっとも本当の品質がわかるのは、もっと使ってみないとわからないので、早急な判断は控えたいと思うが、中国製品を見直したのは確かである。

                 

                後はメインテナンス体制がどこまでしっかりしているか、しっかりフォローしたい。


                道の駅上関海峡あれこれ

                0

                   

                  昨日は雨の中、魚を買いに道の駅上関海峡に出かけた。

                   

                  道路の混雑を避けることは出来たが、天候不順のため、売っている魚の種類は少なく、私に取っての目玉はなかったが、それでもカレイ、タイ、サヨリ、メバル、チヌ、アジを買って帰った。

                   

                  魚を買って来た日の妻は、次の日以降食べる魚の調理をしなければならないので大変である。

                   

                  調理した魚は冷凍しておけば、次の日以降、若干味は落ちるかも知れないが、近くのスーパーで買う魚より、はるかに美味しく食べられる。

                   

                  最近買い換えたガスコンロが役に立っているようである。

                   

                  さて、道の駅内にある食堂のランチは、そんなに種類は多くない。

                   

                  然も、帰ると買った美味しい刺身が食べられるので、刺身系のランチを外すと、実質数種類しかない。

                   

                  昨日は、アナゴ丼を食べた。

                   

                   

                  大きなアナゴが丸々一匹入っているのでて、食べども食べども減らず、食べ終わるに一苦労であるが、新鮮で美味しいアナゴの醍醐味を堪能できる。

                   

                  以前、ブログでクルマエビ丼と煮魚定食を紹介したが、この二つ、少々飽き気味で、前回行った時は海鮮カレーを食べた。

                   

                   

                  このカレー、思ったよりスパイシーで、色々な海鮮の中に、アジの半身も入っていた。

                   

                  昨日の買い物の目玉は、何と言っても味付けのりである。

                   

                   

                  格安の難あり味付けのりであるが、きれいな光沢の海苔で美味しそうだったので、一袋買ったが、後から来た地元の方と思われるご夫婦が、10袋買われているのを見かけた。

                   

                  地元の人が大量に買うのできっと美味しいのだろうと思い、私も追従して10袋買って来た。

                   

                  レジのおばさんが、「この海苔美味しいんですよ」と言った通り、帰って味見すると、バリバリのとても美味しい海苔であった。

                   

                  よもぎまんじゅうもお薦めである。

                   


                  見た目、土産物としてよく売られているよもぎまんじゅうかと思っていたが、何となく惹かれるものがあり、以前購入して帰ったことがある。

                   

                  期待した甲斐があり、全く違う味で、外側のもちもちとした食感は、山芋が入っているので、餅のようなかるかんのような不思議な味で、これが美味しい。

                   

                  一口サイズなので、手頃に食べられるので、必ず買って帰る一品になっている。

                   

                  今年に入ってこの道の駅に行き始め、少なくとも2週間に一度は買い出しに行っているが、都度旬の魚が手に入る。

                   

                  往復170kmのドライブを兼ねた買い物は、魚好きの私に取って楽しい一時となっているが、コストコで買ったIGLOOのクーラーボックスが大活躍である。


                  帝国ホテル 「タオルサロンカラカラ」

                  0

                     

                    東京に行くと必ず立ち寄る「タオルサロンカラカラ」。

                     

                    妻のお気に入りの店である。

                     

                    複数店舗があるが、ホテルからもっとも近い帝国ホテルアーケード店に行く。

                     

                     

                    店内に入ると、妻にとっては魅力的な商品ばかりで、一通り見るだけでも随分時間がかかりそうなので、退屈な私はすることもなく、店の外に出た。

                     

                    外では、甘〜いむせるような香りが漂っている。

                     

                    何かと思ったら、スィーツで作った飾り付け。

                     

                    周りで写真を撮っている若い娘達につられ、つい私もパチリ。

                     

                     

                    飾り終わった後は、誰かが食べるのだろうか。

                     

                    しばらく経って店に戻ると、妻の商品探索も一段落したようすである。

                     

                    今回は見るだけの予定だったが、結局、持って帰れないくらいのボリュームの買い物をし、宅急便で送ってもらった。

                     

                    孫や息子達への土産に紛れて妻のもの等々。

                     

                    私のものは一つ。

                     

                    妻が、殺風景な私の車に置いたらいいと選んでくれたものだ。

                     

                    とりあえず車の座席にかけたが、使い道は決まっていない。

                     

                     

                    そう言えば、帝国ホテルのロビーを黒柳徹子が歩いていた。

                     

                    と言うより、マネージャーらしき人が、抱きかかえて歩いているようだった。

                     

                     

                    黒柳徹子には失礼だと思うが、黒ずくめの服を着て歩いている姿を見ると、魔女を思い出してしまった。


                    我が家の最強ゴミ箱

                    0

                       

                      夏の生ゴミは臭くて扱いに困る。

                       

                      その対策として採用したゴミ箱は、おむつを捨てるポット。

                       

                       

                      息子夫婦が、匂いが漏れないおむつ用として使っていた。

                       

                      聞けば用途はおむつだけでなく、生ゴミ用としても使えるようだ。

                       

                      最近、若い者の情報量の多さには、なかなか勝てなくなって来ている。

                       

                      早速、購入し、ダイニングルームに設置。

                       

                       

                      確かに生ゴミを入れても匂いはしないし、取り扱いも簡単である。

                       

                      今や、我が家の最強のゴミ箱である。


                      | 1/2PAGES | >>