非常時にこそ、わかる真に良い医者

0

     

    この時期、医者に行くのには相当勇気が必要である。

     

    特に歯医者は、口を大きく開けて中を触るので感染リスク大である。

     

    マスクを取り、無防備状態で口を開けることには大きな抵抗があり、極力行きたくない。

     

    然し、こういう時に限って歯が痛くなってしまったのである。

     

    4月中旬から歯がうずくように痛み出したが、恐くて歯医者に行かなかった。

     

    ところがどんどん痛みが増し、物が噛めないほどになって来た。

     

    もう限界である。

     

    意を決して歯医者に行くことにした。

     

    予約して、2〜3時間は待つことを覚悟して出掛ける。

     

    待合室では、3密状態は避けられないだろう。

     

    予約時間ギリギリまで外で時間を過ごし、歯科医院内に入る。

     

    意外なことに待合室には誰もいない。

     

    これは運が良い。

     

    早く治療してもらって一刻も早く医院を出たい。

     

    歯の状態も心配したほどひどくなく、治療は30分程度で終わり、待合室に戻っても誰もいない。

     

    ここでやっと気がつく。

     

    この歯科医院は、3蜜を避けるため、本当に一人ずつしか予約を取らないことがわかった。

     

    素晴らしい新型コロナ対策を講じており、医者の医療に対する基本姿勢がわかる。

     

    医者の診療も的を得ており、説明も的確であった。

     

    歯科医院は、コンビニの数より多いほど巷に溢れているそうだ。

     

    然し、信頼出来る医者は少なく、これからどんどん淘汰が進むであろう。

     

    そういう状況下で、今回のような患者のことを第一に考える歯科医院は、これからも生き延びて行くのだろう。

     

     


    がんばれ!サツキ

    0

       

      サツキの季節は終わったが、今年我が家のサツキはほとんど花を咲かせることがなかった。

       

      それでも、剪定の時期なので剪定してやった。

       

      庭が狭くなり、剪定する本数がわずかになったことと、ずっと家にいると心の余裕が出来るのだろう。

       

      今まで、庭師さん任せで、ほとんど剪定したことはなかったが、今年は自ら進んでやろうという気になった。

       

      その気になって剪定すると意外と難しいことに気付く。

       

      サツキの形をどのように作ろうかと考えてしまうのである。

       

      サツキを自分の好きな形に作りたい。

       

      単に剪定するだけでなく、形を作る楽しさが気持ちの中に芽生えて来た。

       

      庭を解体したとき、残したいサツキだけを、慌てて植え替えた。

       

      植え替えた当初、ほとんど枯れかけて、ダメになってしまったかと寂しい思いがしたが、何とか頑張って緑の葉をつけてくれた。

       

      然し、それが精一杯だったのだろう。

       

      今年は花を咲かせるだけの力はなかったようである。

       

      それだけでもよく頑張ってくれた。

       

      剪定し、ご苦労さんと言って肥料をやった。

       

      これからは、日々の水やりが欠かせない。

       

      手をかければかけるほど、サツキに対する愛着が生まれてくる。

       

      ここまで頑張ってくれたのだから、来年はきれいな花を咲かせて欲しいと切に願っている。


      ボーカルレッスン再開に思うこと

      0

         

        新型コロナ回避のため、島村楽器のボーカルレッスンを3月に退会した。

         

        島村楽器はレッスンを受けようが受けまいが、レッスン料はきっちり取る。

         

        然し、コロナ騒動が持ち上がった3月は、1ヶ月間、休んでもレッスン料を取らないという特別処置を取ってくれた。

         

        生徒の引き留め工作であるが、コロナ騒動は長引くと思った私は、いったん退会した。

         

        コロナという目に見えない敵が恐く、最低、最低3ヶ月は受講しないと決めたからである。

         

        4月からレッスンを再開しても、レッスンを受けなくても、レッスン料は発生する。

         

        いつレッスンを受けるか判断がつかない現在、新たに入会金を払ってでも再入会する方が条件が良い。

         

        更に言うと、コロナ騒動で生徒が退会することを想定すると、島村楽器は何らかの特典を付け、生徒を再募集する可能性は大きいと考える。

         

        その結果、退会という選択肢を選んだ。

         

        新型コロナに脅威を感じていたものの、予想以上に猛威を振るっている現在の状況をみると、退会して正解だったと思う。

         

        この様子だとレッスンは早くても7月開始がいいところであろう。

         

        時期同じくして、私を教えていた先生が島村楽器を辞め、独立した。

         

        辞める時、私に個人レッスンの打診があり、コロナ騒動が落ち着いたら、受けてみるよと承諾した。

         

        島村楽器は島村楽器で、コロナが落ち着いたら是非我々のところで継続してレッスンを受けて欲しいと依頼があった。

         

        辞める先生に私を持って行かれることを危惧したのだろう。

         

        私は、こちらも承諾した。

         

        このような事態が生じたとき、必ずと言っていいほど、生徒を取った、取られたというもめ事が起きる。

         

        然し、島村楽器の新しい先生のレッスンを受けていないので、その段階でどちらか一方に決めるということは出来ない。

         

        一時期は重なっても構わないので、両方を受け、先生の適性を確認した後、消えれば良いことである。

         

        以前、ボーカルレッスンを受ける前、どこで受けようかと考えた。

         

        個人レッスンの方が料金は安いが、先生がどのような人間か、わからない不安があり、その点、料金は高くてもリスクのない島村楽器を選んだ。

         

        今は、1年以上私を教えてくれた実績のある先生の個人レッスンを受けることが可能となっている。

         

        また、現在は完全にユーザー主導の時代である。

         

        生徒を確保するため、色々と好条件をつけてくれるだろう。

         

        私にとって、退会したことで、選択肢が広がった。

         

        新型コロナ騒動がなければ、そのまま島村楽器でレッスンを継続していたと思うが、ちょっとしたことで大きく変わるものである。

         

        これなら安心という時期が来るまで、コストコで買ったマイクを使って自宅で歌の練習をしていよう。
         


        魅力のない安倍総理の会見演説

        0

           

          今日、緊急事態宣言が5月末まで延長された。

           

          安倍総理の会見を見たが、どうも迫力がない。

           

          メリハリのない話がダラダラと続き、プロンプターに移す視線だけがやけに気になり、途中で見ることを止めた。

           

          これで思い出すのが、4月29日の参院予算委員会で、安倍総理が国民民主党の森議員に新型コロナウイルスの感染者数を質問された時のことである。

           

          安倍総理の態度が、余りに見苦しかった。

           

          森議員が「一体どれぐらいの国民が感染してるんですか?このコロナウイルスに。今、現在」と質問。

          この質問に、安倍総理側全員が固まり、事務方も動くこともなく、1分以上の
          長い沈黙が続いた。

          やっと総理が立ち上がり、答弁し始めた。

           

          最初に

           

          「今の、その、現時点で、今の感染者数というご質問はいただいてなくてです
          ね」
          「今しておられることについては質問の通告はされていないということはまず申し上げておきたいと思います。それはそうですよ、だって、こ、これに、これに、これに書いてないじゃないですか」

           

          と口走り

           

          その後、感染者数を答えた。

           

          明らかに、うろたえている様子がわかった。

           

          口走った内容は、質問者が事前に渡す質問状に「感染者数を聞くことは書かれていない。」と、言いたかったようである的がずれている

           

          然し、質問事項に入っていないとしても、日本の最高責任者が感染者数すら押さえていないのは、リーダーとしての資格があるのだろうか。

           

          コロナ禍を日々憂いているならば、当然感染者数は脳裏から離れないはずである。

           

          長い沈黙の後、的外れのことを口走った答弁は、余りにもみっともなく失望した。

           

          この場面が海外に流れると、日本国民として恥ずかしくてたまらない。

           

          新型コロナ禍に関しては、ここが本当の正念場。

           

          安倍総理はいつも原稿を読むだけであるが、現実を正しく把握し、自分の考えをしっかり持って欲しい。

           

          そして自分の言葉で国民に語って欲しい。

           

          参考までにその時の映像を以下に示す。

           

          安倍総理の答弁内容


          輪番制の町内会の班長

          0

             

            今年は無理矢理順番で廻ってくる町内会の班長担当である。

             

            たいしてやることはなく、回覧板を回したり、町内会費を集めたり、祭りのしめ縄、正月の賀正の札を配る程度である。

             

            ただ、たまに会合がある。

             

            今まで面倒なので、妻にお任せだったが、体調を崩したので、私がやらざるを得なくなった。

             

            前回、班長をした時、苦い経験をした。

             

            町内会の会員が減り、町内会費が少なくて困ったという主旨の会合があった。

             

            会員が少ないことが主要因なので、根本的な解決策はない。

             

            話を聞いていると、会員が少なくて町内会の活動を中止したところがあるようだ。

             

            町内会を作ることは、義務ではないということを知る。

             

            長い議論が続くので、いい加減うんざりし、会員が増える見込みがないので活動を中止すれば解決するのではないですか?と発言したら大顰蹙を買った。

             

            また、古新聞や段ボールを回収業者に引き取ってもらい、その売り上げを、町内会の足しにしているので、もっと古紙を出せないかという議論があった。

             

            そのために家の古紙を増やすわけにもいかない。

             

            1業者に固定するのではなく、複数の回収業者から相見積もりを取り、もっとも高い業者に引き取らせるようにしたら少しは売り上げも増えるのではないかと提案したが、そんなことは到底無理だと却下された。

             

            どうして無理なのか理由はわからなかった。

             

            私が属している町内会は、長老達が牛耳っており、この若造が何を言うのかと煙たがれただけのことだろう。

             

            妻に聞くと、祭りの日は集会所で、宴会があり、町内会の当番の女性がかり出され、ご飯を作るだけでなく、お酌もさせられたとか。

             

            貴方には絶対合わないと妻が言っていたが、全くその通り。

             

            自分を正当化するつもりはないが、余りに私の価値観と異なるので、何を言っても却下されるだろう。

             

            おつきあいなので、やることはやるつもりであるが、そっとじっとしておくのがベストの選択のようである。
             


            ホテル神戸ピエナのちょっとした心配り

            0

               

              神戸に行くときは、ホテル神戸ピエナに泊まる。

               

              朝食が美味しく、北野坂に近いので私の条件に合っているからだ。

               

              5月連休明けに神戸に行こうと、2月にホテルを予約した。

               

              然し、思わぬ新型コロナ騒動で、神戸旅行はもう無理だと判断

              キャンセルしようとした矢先、ホテルから電話がかかった。

               

              新型コロナ騒動のため休業するので、良ければこの電話でキャンセルも受け付けますという内容だった。

               

              即キャンセルをお願いした後、丁寧にキャンセル受付のメールまで届いた。

               

              心配りの出来るホテルだと感じた。

               

              ほんのちょっとしたことで、また使おうと思うのが人間である。

               

              これだけでもこのホテルの人気の高さがわかる。

               

              その上、朝食は質の良い食材を使い実に美味しく、新神戸駅からタクシーで数百円、北野坂までワンメーター料金。

               

              シークレットプランなるプランを使うと格安で利用できる。

               

              神戸に行くなら、ホテル神戸ピエナをお勧めする。(私はホテルの回し者ではありません)

               


              疑問に感じる広島市の新型コロナ感染公開情報

              0

                 

                昨日述べたクラスター発生がどうしても気になるので、簡単にエキスのみを時系列にまとめてみた。

                 

                4/9:広島市立大学生感染発表(西区在住)
                4/10:広島市立大学生感染発表(中区在住)
                4/14:女性介護職感染発表(東区在住)

                 

                一人目の市立大生はパン屋でアルバイトをしていたことを公表したが、パン屋の実名については触れていない。

                 

                然し、横川のパン屋は、4/9にアルバイト従業員がコロナ感染したと公表し、4/10より休業宣言している。

                 

                女性介護職の勤務先は社会福祉施設とのみ発表したが、見真学園はHPで新型コロナ感染者が出たことを公表している。

                 

                広島市は匿名にしたが、パン屋や福祉施設が自ら公表している。

                 

                また、3月29日の彼らの行動の経路を明らかにしていない。

                 

                個人情報であるとか風評被害を恐れているというのはわかるが、もっと情報を公開するべきではないだろうか。

                 

                何も公表されないと却って不安になる。

                 

                何とか情報を得ようと、Twitterから情報を拾って来るが、どこまでが本当の情報かわからない。

                 

                私が調べた限りでは、かなりのガセネタがあり、市立大生が一晩ではとても行くことが出来ない程の数の店の名前が飛び交っている。

                 

                その結果、噂が噂を呼び、全く関係ない店まで誹謗中傷の対象となる。

                 

                実際、今回の感染とは関係なく、自主的に休業した店が彼らが行った店だとTwitterで、多くの人がつぶやいている。

                 

                結果、本当に行った店よりもっと多くの数の店が被害を被ることになるのではないだろうか。

                 

                また女性の介護職員を匿名にしても、狭い広島では必ず名前がわかると思う。

                 

                名前までは公開すべきではないと思うが、下手をしたら、全く関係ない女性まで巻き込まれる可能性がある。

                 

                風評被害はあってはならないが、絶対になくならないことを考慮すると、実名を公表する方がはるかに風評被害の範囲は少なくなるのではないだろうか。

                 

                隠すことによって、不安が不安を呼び、それだけガセネタが飛び、その結果風評被害も広がるのである。

                 

                正論ではなく、敢えて乱暴な論理を展開したが、真に言いたいことは市民が新型コロナに怯え、不安が募っていることを踏まえた情報公開のあり方をもっと考えて欲しいということである。

                 

                他の感染情報を見ても非公開情報が多く、苛立ちが募るばかりである。


                広島市でのクラスター発生で思うこと

                0

                   

                  広島市の社会福祉施設でクラスターが発生した。

                   

                  新型コロナに感染した女性職員が感染源となったようである。

                   

                  本日で感染者は40名(入所者:33名、職員:7名)という発表があった。

                   

                  まだ検査中とのことで、増える可能性があるとのことである。

                   

                  個人的攻撃をするつもりはないが、感染源となった人達のモラルの低さには驚く。

                   

                  不正確な情報であるが、17人で明け方まで3軒はしごして飲み食いしていたと聞く。

                   

                  明け方まで長時間、濃厚接触していた17人の集団に対し、別のクラスター発生の可能性もあるという。

                   

                  飲み食いした当日は、既に新型コロナ感染の恐さは十分に浸透しており、集団での飲み食いは自重することが常識的な感覚である。

                   

                  にもかかわらず、明け方までどんちゃん騒ぎをした。

                   

                  更にひどいことに事情徴収された際、17人ではなく3人で会食をしたと、嘘をついている。

                   

                  これが感染特定を遅らせた。

                   

                  この間、濃厚接触者は野放しにされていたわけである。

                   

                  全くひどい話である。

                   

                  誹謗中傷するつもりは全くないが、個人的には大きな怒りを感じるが、彼らには天から何らかの制裁があることだろう。

                   

                  せめて亡くなる方が出ないことを切に祈る。


                  周りを見渡すと、まだ新型コロナの恐さに対する認識が低い人が多いように思う。

                   

                  昨日、妻とスーパへ食料品を買いに行ったが、魚コーナーで売っている一匹物の魚を手で触っている男性を見かけた。

                   

                  またレジの前に一定の距離を保つために赤線を引いていたが、多くの人が無視していた。

                   

                  不確定な情報であるが、回避すれば良いと思われる場所を自分なりに特定した。

                   

                  ガセネタでもいいので、気をつけようと思う。

                   

                  いずれにしても、とにかく出かけないことが一番で、stay at homeの実践しかない。
                   


                  孫の入園式

                  0

                     

                    昨日は孫の入園式だった。

                     

                    このご時世、出席できるのは両親のみで、我々老夫婦は出席できない。

                     

                    楽しみにしていただけに残念である。

                     

                    然し、入園を祝う気持ちに変わりはない。

                     

                    私はお金でお祝いをすることが嫌いで、今まで、子供や孫には日頃買えないもので、その時その時で記念となるものを贈っていた。

                     

                    然し、今回は息子が家を建てたばかりで子供の入園が続き、何かと物入りだと思い、現実的なお金にした。

                     

                    でも、お金だけでは余りに無機的で味気ない。

                     

                    それで、鉢植えの花をプレゼントしようと前日、可愛いダンスパーティーの鉢植えを買って準備した。

                     

                    同じプレゼントするなら、ちょっとしたサプライズプレゼントにした方が喜びは倍以上になる

                     

                    そして、彼らが入園式に出かけている間に、玄関の前にメッセージをつけて置いておいた。

                     

                     

                    我が家と至近距離にある息子の家は、塀で閉ざされているが、耳を澄ましていると声は聞こえる。

                     

                    案の定、帰宅した孫は大喜び。

                     

                    綺麗!綺麗!を連発し、大はしゃぎしながら、早速我が家へお礼に来た。

                     

                    いつもはおてんば娘も、入園式のときはおとなしかったようである。

                     

                    今まで、親の愛情をたっぷり受けて明るく育って来ていた孫が、一人で社会生活をするための準備期間が来たことを、本能的に察知しているかのようにも思えた。

                     

                    孫娘には花で囲まれた優雅な人生を送って欲しい。
                     


                    潮風公園みなとオアシスゆう

                    0

                       

                      吉香公園の花見に行った時、当初は錦帯橋の河原でバーベキューをする計画であったが、息子達が下見に行って、バーベキューは無理と判断してくれた。

                       

                      最終的に花見に行くかどうかの判断も、当日の朝にした。

                       

                      昼食は店で食べるのは諦めて、どこかで調達し、屋外の人が少ない場所で食べることにした。

                       

                      吉香公園で弁当を売っていたが、美味しそうに見えなかったので、岩国から少し足を延ばして、力寿司でジャンボ寿司をテークアウトした。

                       

                      電話で事前に予約して行ったが、店内は多くの順番待ちの人でごったがえしており、やはりテークアウトは正解だった。

                       

                      食べる場所は力寿司に行く途中、人が少ないことを確認していた潮風公園みなとオアシスゆうに行った。

                       

                      潮風公園みなとオアシスゆうの手前にある店には入ったことがある。

                       

                      然し、奥に随分広いスペースがあることを初めて知った。

                       

                      海の直ぐ側にある広々としたスペースは人も少なく、とても気持ちが良い。

                       

                       

                      しばらく外に出ていなかったので、余計そう感じるのだろう。

                       

                      かなりの数の座る場所があり、眼前に広がる海を眺めながら食べるジャンボ寿司は、店で食べるより美味しく感じた。

                       

                      ただ急に決めたので、刺身を切るナイフを持って来ておらず、野蛮にも大きな刺身を噛みちぎって食べた。

                       

                      気持ちが良い外という開放感も手伝って、余計美味しく感じたのかも知れない。

                       

                      昼食後、孫に振り回されながらビーチで遊び、終わり頃はフラフラ状態であったが、思い出に残る楽しい一日であった。

                       

                      新型コロナウィルス騒動で、外出していない私達に少しでも気晴らししてもらおうと、連れ出してくれた息子達の思いやりに感謝。


                      | 1/7PAGES | >>