庭の照明を楽しむ

0

     

    外出自粛のお陰で、私には考える余裕が出来、心にゆとりが出てきたように感じる。

     

    庭についても然りである。

     

    見向きもしなかった庭であるが、毎日の手入れが楽しく、今頃になって庭を楽しむ心境になってきた。

     

    残したサツキを眺め、新たに植えた3本のバラを眺めることが楽しみになり、生活の一部に組み込まれた。

     

    植木だけでなく、庭全体の雰囲気も楽しみたいと思うようになり、先日来、小さな庭園灯を、2種類、計4本の庭園灯を設置した。

     

    暗がりに光る庭園灯は、予想以上に風情がある。

     

     

    ソーラー仕様になっており、日中の光で一晩中輝いている。

     

    作りは大したものではないが、灯りがついた時の効果をよく考えていると感心する。

     

    この庭園灯を2本設置し、後の2本は松明のようなゆらゆらとゆれる灯りである。

     

    暗いところでは、幻想的な雰囲気が漂い、見ているだけで心が豊かになる。

     

    昔の庭は父が造園屋に作らせた庭で、今から考えると、手前に私達子供が遊べるように芝生の空間があり、その後ろに池を配置し、更に奥には築山を築いたとてもよく考えて作られた庭園だった。

     

    子供のころは大きな金木犀の木に登り、上から庭を眺め、天下を取ったような気分になったものである。

     

    芝生の空間の端っこに穴を開け、反対側からお手製のパターで野球のボールを打ち、何回で穴に入れることができるかよく遊んだものだ。

     

    考えたら、今でいうグランドゴルフをして遊んでいた。

     

    然し、社会人になり、運良く転勤で広島に帰ってきたものの、仕事が忙しく、庭を楽しむ余裕はなかった。

     

    バラの木は随分買ったが、手入れは全て妻がやっていた。

     

    時間的余裕が出来ても、庭を楽しむと言うより、手入れすることが苦痛であった。

     

    結局、庭を潰して息子に家を建てさせ、猫の額ほどの庭になったが、却ってほどよい広さになったので、手入れをするようになり、その結果愛着が出て来
    て、更に庭を楽しむようになった。

     

    年寄りが庭の手入れをするには限界がある。

     

    庭に出ると、孫のくったくのない笑い声が聞こえる。

     

    私にとって子供の頃の思い出がいっぱい詰まっている庭であるが、思い切って潰して良かったとしみじみ思う。

     

    今朝、早朝、まだ4本の庭園灯がついていたので、写真を撮ろうと、庭に出たが、まだ薄暗かったせいかセンサーライトが点灯し、きれいに撮れなかった。

     

     

    いつかセンサーライトのスイッチをオフにし、真っ暗な状態で写真を撮ろうと思う。


    オンラインボーカルレッスントライアル

    0

       

      3月からボーカルレッスンを止めていたが、新たにオンラインボーカルレッスンを受けようかと考え始めている。

       

      今までレッスンの講師だった女性が独立し、オンラインボーカルレッスンの提案をしてきた。

       

      昔は出張コスト削減のため、会議はなるべくオンライン会議を使っていた。

       

      その経験から、オンラインでのボーカルレッスンも出来そうだと思い、一度試行してみることにした。

       

      Dropboxで基礎トレーニング用ファイルを共有し、それを使ってのレッスンである。

       

      私はパソコン、彼女はスマホでSkype接続し、会話しながら、共有ファイルのピアノ演奏を流しながらのレッスンである。

       

      わざわざピアノ演奏が送られて来たのは、彼女がSkypeのタイムラグを気にしたためである。

       

      Windows 10でのSkype使用は初めてで、若干仕様が変わっており、少し面食らったが、レッスンをスタートさせるまで、そんなに時間はかからなかった。

       

      まずはトライアルということであったが、何となく出来そうな感じである。

       

      オンラインレッスンにすると、場所移動が不要となるのは随分楽である。

       

      おまけに個人のレッスンに切り替えると島村のように日時を固定されることなく、自由に時間設定ができる。

       

      もう一度、効果のほどを確認して出来ると判断したら、オンラインレッスンに切り替えようと思う。

       

      然し、もっとも気になったのは私の部屋の背景。

       

      日ごろからきれいに整頓しておけば問題ないのであるが。。。

       

      余り写したくない光景なので、とりあえずは背景をぼかしの設定にしたが、背景のごちゃごちゃ感はなくならない。

       

      そう言えば、テレビでもSkype出演者は背景に気を使っている。

       

      色々調べると、本棚のプリントをしたカーテンもあるようだ。

       

      次のオンラインレッスントライアルまでに背景を解決しておく必要性を痛感した。


      記念すべきステンレススチールの花

      0

         

        春に植えたステンレススチールがまだ小さい木ながら、1つ花を咲かせた。

         

         

        蕾を見つけて以来、咲くのをずっと待っていた待望の花である。

         

        然し、花は本来のステンレススチールの花には、ほど遠い。

         

        まだまだ幼子なのだろう。

         

        それでも小さいなりに一生懸命つけた花なので、とてもいじらしく思える。

         

        折角思いを込めて植えたステンレススチールである。

         

        もっともっと精魂込めて、いつぞやの結婚記念日のようにステンレススチールの花に囲まれたい。

         


         


        カメのお引っ越し完了

        0

           

          春になり、カメが冬眠から覚めたので、裏庭から表庭に引っ越しさせてやった。

           

           

          新しいすみかに移ったカメは居心地良さそうである。

           

           

          池をつぶし、昨年の夏から裏庭にカメのすみかを作ったが、北側にある裏庭では陽の当たる時間が短く、カメがかわいそうだと思っていた。

           

          池がある頃、5匹いたカメはたっぷり日差しを浴びていた。

           

           

          カメを裏庭に移すに当たり、池のようにはいかないが、せめてゆったり出来るよう、直径98cmのトロブネを買い、その中に甲羅干し台を設置した。

           

           

          水中ポンプを買って毎日のように排水し、水を入れ替えてやっていた。

           

          それでも、カメにとって、日当たりが悪いだけではなく、トロブネ自体が自然環境と程遠く居心地が悪いのでないかと思い始めた。

           

          そして冬眠から目覚めたら、引っ越しさせようと考えたのである。

           

          カメを表庭に引っ越しさせるに当たり、狭くても、もっと明るく、なるべく自然に近い環境で、カメが逃げ出さないようにするにはどうしたら良いか?

           

          色々考えた末、犬のケージと水を入れる箱を買って来た。

           

          こうすれば、周りは明るく陽も当たり、カメは土の上を歩くことが出来る。

           

          ケージ内なので逃げ出すこともない。

           

          後はケージ内に生えた草を抜かないようにすれば、自然な環境が出来、カメは裏庭より快適に過ごすことが出来るだろう。

           

          残念なことは、裏庭に移すとき大きすぎるカメを2匹友達に譲り、更に裏庭に残った3匹のうち、1匹を友達に譲ったことであるが、狭くなったので仕方ないことである。

           

          幸い、カメが好きな友達で、時々、カメの状況を知らせてくれる。

           

          こうして、カメもやっと落ち着くところに落ち着いた感じで、ほっとした。

           

          全て自分がやったように書いたが、実は私はケージとケースを買って来ただけで後は息子が全部やってくれた。

           

          自分が私の庭に家を建てたことで池をつぶし、私がカメを諦めることで、私の楽しみを奪ってはいけないとずっと気にしてくれていたのである。

           

           


          スクラブルで英単語力をつける

          0

             

            英語のスタディをするにあたり、ロゼッタストーンだけでは面白くないので、時間つぶしを兼ねてスクラブルというゲームで遊ぶことにした。

             

            大学院時代、必要に迫られて英会話を習っていたが、その時、遊びながら単語を覚えるクラブルを思い出したのである。

             

            スクラブルは、複数人で遊ぶ一種のしりとりゲームで配られたアルファベットの駒で単語を作って遊ぶゲームである。

             

            アルファベットには点数が付与されており、使ったアルファベットで点数が加算され、ゲーム終了時、もっとも点数が多い人が勝ちとなる。

             

            例えば、もっとも単語を作りにくい「Z」が一番点数が高い。

             

            このゲームは点数を競いながら単語力を高める、結構楽しいゲームだったのでよく覚えている。

             

            ネットで買おうと検索したところ、スマホで無料アプリがあることを発見した。

             

            私に取っては渡りに船である。

             

            買わなくて済むし、そもそも二人以上で行うゲームであるが、競う相手がいない。

             

            早速、もっともまともそうなアプリをダウンロードした。

             

             

            それからスマホ相手に戦っているが、相手の英語の語彙が私より豊富なのでで、まだ一度も勝てない。

             

            今まで一度だけ、勝ちそうな局面になったが、最後の最後で逆転された。

             

            然し、うろ覚えであった単語を再度、正確に確認できるし、相手が作った知らない単語を調べることで、語彙が増えるという大きなメリットがある。

             

            たかがスマホに負けたくないと意地もあり、結構熱くなって楽しんでいる。

             

            遊びながら英語の語彙が豊富になれば嬉しい。

             

            それにしても、スクラブルまでスマホアプリがあるとは思わなかった。

             

            スマホも捨てたものではないと再認識している。

             

            実際の画面を例に示す。

             

             

            私が手持ちの駒で「TAX」と入れたらスマホが「OUTLAW」と入れている。


            ここまでで、私が20点、スマホが9点である。


            私の点が高いのは、「X」の点が高いためである。

             

            こんな感じでゲームを進めて行くのである。

             


            始めて良かったボーカルレッスン

            0

               

              ボーカルレッスンに通い始め、1年2ヶ月が経つ。

               

              予習復習はほとんどしないが、一度も休まず真面目に通っている。

               

              飽き性の私にしては珍しいことだと妻が笑う。

               

              高校を卒業するまで音楽が大嫌いで、真面目に授業を受けなかったせいで、音符も読めない。

               

              大学生になり、フルトベングラー演奏のモーツアルト交響曲40番に衝撃を受け、以来、クラシックファンになったが、あくまでも聴くだけである。

               

              ピアノ生カラオケバーで、歌が下手な自分に気付かされ、何とかものにしてやろうと始めたボーカルレッスンであった。

               

              基本から教えてくれるレッスンは、私の知らないことばかり。

               

              然し、知らない世界は新鮮味があり、それが楽しくて次第にはまっていった。

               

              そのうち、自然に今まで毛嫌いしていた曲の音符が欲しくなった。

               

              音の高低、強弱、間の取り方は音符がないとわからないからである。

               

              オタマジャクシの記号の意味がわからなかったが、音符を見ながら歌うに連れ、自然に意味がわかるようになった。

               

              記号で記述されている限り、論理の世界なので理解は出来るからだ。

               

              このようなプロセスを経て、感情表現は出来ないにしても歌を正確に歌えるようになった。

               

              これで課題曲であったMoon riverは修了したと思った時、講師がスイングの練習をしましょうと言って、軽快なリズムにチャレンジすることになった。

               

              リズムが異なるだけで、歌い方が全く異なる。

               

              私に取っては別の曲にチャレンジしているような気分である。

               

              講師が、今までは3拍子で、今やっているのが4拍子と教えてくれた。

               

              3拍子から4拍子に変わるだけで、こんなに歌い方が違うのかと思い知り、改めて音楽の深さを知った。

               

              2月でやっと、Moon riverを修了したが、まだ杓子定規な歌い方しか出来ない。

               

              それでも、レッスン当初に比べ、明らかに音域が広がり、声量がアップした。

               

              この歳になっても、進歩出来ることを実感し、これからもまだまだ新しいことにチャレンジして行きたい。

               

              人間の奥行きは広くて深く、歳に関係なく多くの可能性を秘めていると感じたからである。


              ボーカルレッスンの思わぬ効果

              0

                 

                ボーカルレッスンを受け始めて、半年経つ。

                 

                レッスン内容は最初に口をほぐす簡単な運動をし、基本的な発声練習をした後、チャレンジする課題曲を練習する。

                 

                レッスンを受けて感じたことは、嚥下効果対策に通じるものがあるということである。

                 

                発声練習の内容は詳細を省くが、嚥下対策の「パタカラ体操」を包含していると思う。

                 

                一言で言うと、口や舌の運動を行い、鍛えているのである。

                 

                これは期待していなかった大きな副次効果である。

                 

                最初の課題曲は、私の好きなプレスリーの「Can't Help Falling in Love」を選んだ。

                 

                この曲を選んだのは、好きな曲であること以外に少しでも英語に触れようと思ったからである。

                 

                レッスンを受けて気付いたことがもう一つある。

                 

                日本語は口や舌を余り使わなくても話すことが出来る。

                 

                それに対して、英語はしっかり口や舌を使って話す。

                 

                英語の歌を歌うことで、より口や舌の運動になる。

                 

                これはいい!

                 

                5月で、最初の課題曲である「Can't Help Falling in Love」を終了し、6月から次の課題曲である「Let It Be」にチャレンジ。

                 

                然し、「Let It Be」を歌うのは意外と難しいことに気付いた。

                 

                口語の省略形が多い上、日本語にない「L」、「TH」、「W」の発音が多く、まず歌詞をきちんと歌える必要がある。

                 

                この曲、英語の発音練習にも良い。

                 

                直ぐ飽きて止めてしまうかも知れないと思って始めたボーカルレッスンであるが、色々な面でメリットを見出せ、思ったより長続きしそうである。


                | 1/1PAGES |