秋を探しに津和野へ

0

     

    毎年送られて来るANAのカレンダー。

     

    全国各地の四季折々の美しい写真が楽しみでカレンダーをめくる。

     

    今年最後の写真である津和野太皷谷神社の紅葉と赤い鳥居の組み合わせが目をひく。

     

    津和野なら近くで車で日帰りできると思ったら、行きたくなった。

     

    翌朝、津和野に出かけた。

     

    カレンダーに魅せられた秋探しのドライブである。

     

    津和野までのルートを調べると、高速優先で行くと六日市ICが近いようであるが、岩国ICで降りてのんびり行くことにした。

     

    岩国ICを降り、錦川沿いに車を走らせていると、「道の駅 ピュアラインにしき」を発見。

     

    モミジとドウダンツツジがほんのり赤く染まっている。

     

     

    ナビが薦める山道には入らず、少し遠回りして187号線〜9号線経由で津和野に到着。

     

    太皷谷神社に向かったが、まだ紅葉には早すぎたようで、期待していた景色は見当たらない。

     

    早々に諦め、次の楽しみである食事処を探す。

     

    「黒いいなり寿司」を食べさせるという美松食堂を見つけ、どのようないなり寿司か興味をひき、美松食堂に行った。

     

    まさに昭和の食堂である。

     

     

    入り口に津和野で一番古い食堂と看板が出ている。

     

     

    黒いいなり寿司がついたうどん定食を注文。

     

     

    確かに黒いお揚げである。

     

    見た目は味が濃そうであったが、食べてみると意外とあっさりした嫌みのない味。

     

    普通のいなり寿司より、より酢が効いているという程度である。

     

    その酢も柔らかい味である。

     

    うどんの出汁は昆布だしに醤油を入れたような昔なつかしい味である。

     

    飛び込みで行ったが、私に取っては大当たりの店であった。

     

    店を出ると、その前に小さいが風格のある神社があった。

     

     

    弥栄神社という神社である。

     

    境内のもみじが少し葉が色づいている。

     

     

    大きな古木のけやきも色づいている。

     

     

    けやきの裏側に回り、昔の光景がよみがえる。

     

     

    息子が小さい頃、一緒に行った神社だ。

     

    当時、周りの囲いがなく、木の大きさを確かめようと、家族4人が手をつないでも、届かなかったほど太い大きな木であった。

     

    偶然にもそのけやきに出くわし、懐かしさ一杯。

     

    本格的な秋は見つけられなかったが、美味しい味と懐かしい思い出をよみがえらせてくれた津和野ドライブであった。


    今治城 吹揚神社にお礼参り

    0

      我々夫婦にとって、吹揚神社は特別な意味を持っている神社である。

       

      その神社にお参りに行って来た。

       

      妻がガンの手術をして4年半経つ。

       

      幸い、半年ごとのPET検査で引っかかることなく、無事ここまで来ることができたことに感謝するのみである。

       

      最近、ずっと心に引っかかていることがあった。

       

      手術後、少し落ち着き、医者からもう旅行しても構わないと許しが出て、近場の今治に一泊旅行に出かけた。

       

      今治市内を車で走っていて、こじんまりとした今治城に二人とも惹きつけられ、城の中を歩いてみることにした。

       

       

      城内に吹揚神社がある。

       

       

      その神社に妻と私二人とも更に心が惹かれ、二人で自然に手を合わせて拝んだ。

       

      初診時、医者からステージ4で延命治療しかないと宣告され、心は千々に乱れたが、二人とも覚悟を決めた。

       

      然し、医者が奇跡だと驚くほど程、抗がん治療の効果が顕著に現れ、奇跡的に手術することが出来た。

       

      妻が抗がん治療の辛さに耐え、頑張ってくれたお陰である。

       

      手術後のきつい抗がん治療にも耐えてくれ、何とか落ち着いたところで、少しは気分が晴れるだろうと出かけた旅行であった。

       

      私は色々な神社で妻が治りますようにと拝んだが、多すぎてどこでお願いしたか、はっきり覚えていない。

       

      然し、吹揚神社だけは、はっきり覚えている。

       

      妻に至っては、自分はもうダメだろうと感じ、なるべく美しい思い出を残したいということだけを考えていたようである。

       

      だから、どこに行っても自分が治りますようにと拝んだことがなかったようだが、吹揚神社では自然に病気が治りますようにと拝んだのである。

       

      結局、妻は吹揚神社だけにしかお願いしていない。

       

      単なる偶然かも知れないが、私達には偶然とは思えなかった。

       

      私は特に信仰心が厚いわけではないが、私達が何を話したわけでもなく、同時に同じ気持ちになって自然と手を合わせたのは偶然とは思えないのである。

       

      絶対にお礼参りに行かなければと思いながら、日が経ってしまったが、今回やっとその思いが叶った。

       

      お礼を済ませ、とても清々しい気持ちで、また楽しい二人の人生が楽しめると確信に近いものを感じた。

       

      日頃不遜な私であるが、これから謙虚な気持ちで、妻と二人の人生をもっともっと楽しみたい。


      岩国吉香公園の桜

      0

         

        昨日、毎年恒例の吉香公園の桜を観に出かけた。

         

        満開には少し早いが今年も見事である。

         

         

         

         

        桜の花越しに見える岩国城も美しい。

         

         

        昔のお堀の面影が残っている。

         

         

        私の好きな枝垂れ桜も健在である。

         

         

        ところが開花宣言の標本木は、かなり弱ってきている。

         

         

        こちらの桜は大きな枝をほとんど切られている。

         

         

        ここ数年、ソメイヨシノの寿命時期が一斉に来ているという面白くない報道がされているが、確かに以前に比べ、随分と大きな枝振りが減り、華やかさがかげって来た。

         

        つい、自分の老いと桜の老いを重ねてしまう。

         

        暗い話題はよそう。

         

        私の好きな木瓜の花もまだきれいに咲いていた。

         

         

        吉香公園に来る目的は、花と団子の両方である。

         

        団子の方は佐々木屋小次郎商店の岩国寿司である。

         

        二階にレストランがあり、そこで岩国寿司とうどんのセットを食べる予定であった。

         

        ところが、二階のレストランが閉鎖されていた。

         

        店の人に効くと、約一年前に店を閉めたようである。

         

        従業員のが高齢化で岩国寿司を作る料理人がほとんどいなくなったという理由が悲しい。


        現在は作れる数だけの岩国寿司を店頭販売してだけのようである。

         

        この日は寒く、外で食べるのも勇気がいるので、隣のむさしで食べようかと迷ったが、やはり初志貫徹。

         

        結局、小次郎の岩国寿司と温かいお茶を買い、車の中で食べた。

         

         

        車で暖かく快適に寿司を食べることが出来たのは、後部座席用トレーのお陰である。

         

        私は多くの無駄なものを衝動買いしているが、今回初めて、その無駄が生きたようである。


        錦市場

        0

           

          京都旅行と言っても、観光地を巡るわけではなく、ひたすら食べ物を求めてタクシーで廻っただけと言っても過言ではない。

           

          唯一、錦市場を歩いた。

           

          凄い人混みである。

           

           

          それでも負けじと錦天満宮まで行った。

           

          天満宮には御利益のありそうな牛の像がある。

           

           

          きっとさわれば御利益があるのだろうと思い、ぼけないよう頭をさすり、花粉症が和らぐよう鼻をさすり、ボーカルレッスンの成果が出るよう喉をさすり、脊柱管狭窄症が進行しないよう背中をさすり、メタボが進行しないようお腹をさすり、足の痺れが和らぐよう足をさすって来た。

           

          年齢を重ねると、さするだけでも大変である。

           

          昼食は錦市場の中で取ろうと、いけまさ亭という店に入った。

           

          ランチメニューに載っていた「ゆば丼」が気になる。

           

           

          広島では食べたことのないゆばのあんかけどんぶりであったが、とても美味。

           

          ふと見つけたもちつき屋という餅屋さん。

           

           

          炭火で焼いているよもぎ餅が美味しそうで、つい手が出てしまい、店の中で食べた。

           

           

          炭火で焼きたての餅は、中のあんこが少なめで、私にはとても美味しかった。

           

          ちりめん山椒を買った「もり」という漬物屋さんだったと思うが、外貨の自動両替機が置いてあった。

           

           

          確か、12カ国の貨幣に対応していたと思う。

           

          さすが外国人客が多い京都ならではと感じる。

           

          然し、平日にもかかわらず、ごった返すような人混みには閉口した。

           

          まるで、アメ横を歩いているようで、京都情緒を味わうどころではない。

           

          日本人より外国人客が多く、まさにインバウンドを象徴している錦市場であった。


          ジャズナイト in Kobe

          0

             

            神戸でジャズを聴くときは、原則「ソネ」に行く。

             

            今回もソネに行こうと思い、スケジュール表で出演者を確認し、ジャズファンの神戸の友人に、どんな出演者か訊いた。

             

            彼から、そんなに好みではない、神戸に来るなら次の日にお薦めの歌手が出演しているライブハウスがあるという返事。

             

            中高年キラーの美人歌手だと聞いた私は、即、神戸に行く日を1日ずらせることにし、友達に予約してもらった。

             

            店はベイズンストリートというこじんまりとしたライブハウスで、ライブが始まる10分前に入店したが、既に来ている客から、何者が来たのかと不審げに見られ、場がすうっと白ける雰囲気が漂った。

             

            一瞬、どう対応しようかと思っていたところに、かの美人歌手が奥から出て来て、にこやかに私の名前を確かめ、用意してくれていた特等席に案内してくれた。

             

            少し会話を交わしたところで、1stステージスタート。

             

            美人であることに加え、歌も魅力的、表情も魅力的と文句なく、薦めてくれた友人に深く感謝。

             

             

            1stステージが終わり、挨拶に来て、楽しく弾む会話。

             

            神戸を含め他の地域でも、これだけ条件が揃っている歌手に出会ったのは初めてと言っても過言ではない。

             

            あれだけジャズにうるさい友人がベタ褒めで薦めてくれた理由がよくわかる。

             

            全部で3ステージあると聞き、当然最後までいることにした。

             

            ステージの合間に、他の客が話しかけて来る。

             

            来ている客の全員、女性の方も含め、吉田真理子さん(女性歌手の名前)の追っかけファンだとか。

             

            私もその場を妻と二人思い切り楽しもうと、とりあえずメンバの方全員にドリンクをプレゼント。

             

            全てのステージが終わる頃は、全員が和気あいあいとなり、旧知の仲のようであった。

             

            メンバの方達と記念撮影。

             

             

            私達が帰るときは、吉田真理子さんを始め、メンバの方だけでなく、一部のお客まで見送りに出てくれた。

             

             

            知らない者同士、ジャズを通じての一体感。

             

            神戸の知らない一面を見た思いである。

             

            車で来たラフな格好のまま、出かけたので、着替えてもう少しましな服装で来れば良かったと妻と二人ちょっぴり後悔。

             

            それにしても思い出深いジャズナイト in Kobeであった。


            神戸・京都旅行

            0

               

              先週、神戸・京都に旅行してきた。

               

              京都在住の妻の友人が人生最後の個展を開くと聞き、お祝いでにかけつけようと考えたことがきっかけである。

               

              個展を開く妻の友人は妻と高校からの友人で、大学時代、同じ美術科で、妻は油絵、彼女は日本画と専攻は異なっていたが、大学卒業後も、場所は離れていたものの、長い付き合いをしている無二の親友である。

               

              それぞれが専業主婦なので、何年に一度会うか会わないかという付き合いではあるが、何かあると必ず会っている。

               

              友達の最後の個展を見たいだろうという妻の気持ちを察し、京都に出かけることにした。

               

              人間の思考の変化は面白いものである。

               

              最初は、個展を見に一泊で新幹線で行く予定であった。

               

              然し、今月の20日は我々の46回目の結婚記念日である。

               

              折角、京都に行くのなら、早めではあるが京都でお祝いをしたいと考え、滞在日数を1日延ばすことにした。

               

              そうするともう1日のんびりしたいと思い、結局3泊することにした。

               

              ここでまた新たな考えが浮かぶ。

               

              京都まで行くのなら、途中下車して神戸でジャズを聴くことが出来るではないか。

               

              神戸に1泊して京都に行けば良いと、最終的に4泊5日の旅行になった。

               

              この変化に伴い、もう一点、変えたことがある。

               

              最初1泊のつもりだったので新幹線で行くつもりであったが、4泊5日で神戸・京都と廻るのであれば、新幹線より車で行く方が便利である。

               

              それで移動手段を新幹線から車に切り替えた。

               

              ちょっと行くつもりであったが、最終的に大幅に計画が変わった。

               

              自分のこととは言え、その思考プロセスは面白いものだと思った。

               

              時間に余裕がなかった昔は、単一の目的だけで出かけていたが、時間に余裕がある現在、あれやこれやと頭の中をよぎり、いつの間にか当初より随分膨れ上がったスケジュールとなった。

               

              好きなときに好きなことをする、そういうことが自由に出来るようになった自分の今の環境を考えると、つくづく幸せだと感じた今回の旅行であった。


              上関城山歴史公園 河津桜

              0

                 

                上関城山公園に花見に行った。

                 

                今年初めて知った上関の河津桜。

                 

                運の良いことに、ちょうど満開の時期に来たようである。

                 

                 

                こんなに見事に咲いてきれいだとは知らなかった。

                 

                 

                初めて生で見る河津桜はソメイヨシノより、ピンクの色が濃い花が可憐である。

                ソメイヨシノに感じるはかなさと対照的である。

                 

                 

                河津桜と瀬戸内の風景のコンビネーションも見応えがある。

                 

                 

                行ったのは昨日、ちょうど桜祭りの最後の日曜。

                 

                少し場所は離れているとは言え、人出が少ないのにも驚いた。

                 

                こんな見事な河津桜を見ることが出来る公園であるにもかかわらず、多少道路は混んでいたものの楽に駐車できたのは、ありがたかった。

                 

                然し、もっと多くの花見客で賑わってもおかしくないところである。

                 

                魚も美味しいし、もっと上関の良さをアピールして観光客を呼び込めば、原発に頼る必要もないと感じるのだが。。。


                迎賓館赤坂離宮

                0

                   

                  私は迎賓館赤坂離宮に一度も行ったことがない。

                   

                  はとバスツアーを使って、行って来た。

                   

                  さすがに立派な建築物である。

                   

                   

                  凄いなと思いながら、立っている説明員の方に訊くと、色々と深く教えてくれる。

                   

                  建築の専門ではないので、本当の良さは理解できていないと思うが、単なる西洋建築の模倣ではなく、随所に日本建築の巧みの技を盛り込んだ、和洋折衷の世界でも代表的な建築物だと思った。

                   

                  その中でも私が素晴らしいと思ったのは、床である。

                   

                  ケヤキ(と言っていたと思う)を使った寄せ木細工のような床は、見た目の美しさだけでなく、ビクともしない堅牢な造りで、歩いているだけでも重々しく感じる。

                   

                  各国の要人が来ると、テレビで部屋の装飾などは垣間見ることは出来るが、一度は訪れてじっくりと見ておきたい日本が誇る建築物である。

                   

                  この写真のこんもりした木の奥に皇太子の住まいがあると聞いた。

                   

                   

                  木を植えて見えなくしているそうだ。

                   

                  各国の要人が宿泊するという部屋の前を通ったが、部屋の中は見せてくれない。

                   

                  要人がどんな部屋に泊まるのか見てみたかったが、ダメだった。

                   

                  迎賓館内は、どこも厳重に写真お断り。

                   

                  もっとオープンにしても良いのではないだろうか。

                   

                  赤プリがなくなってから初めての東京。

                   

                  帰り道、赤プリが見られず、改めて赤プリがなくなったことを感じた。

                   

                  団塊世代にとって寂しいことである。


                  居心地の良いホテルとは

                  0

                     

                    5年ぶりに泊まったホテルにチェックインした際、フロントマンは新しい顔ばかりであった。

                     

                    5年も経つと、さすがに昔のフロントマンはいなくなったのだろう。

                     

                    と思っていたが、宿泊して2日目の夜、ホテルに戻ると懐かしい顔がフロントに。

                     

                    思わず、「久しぶりだね」と声をかける。

                     

                    相手も、すかさず、「○○様、お久しぶりです」と返事を返す。

                     

                    顔を見るなり、スムーズに私の名前が口から発せられたのには、驚いた。

                     

                    万が一、覚えていたとしても5年も経って、顔と名前を一致させるとは素晴らしい。

                     

                    翌日から、部屋に日経新聞が入るようになった。

                     

                    これも以前、宿泊していたとき、日経新聞を入れてもらっていたことを覚えているのだろう。


                    元々、このホテルは交通の便利さだけ無く、フロントマンの躾の良さとアットホームな雰囲気が気に入って使っていたホテルである。

                     

                    昔の良き風土が今も守られていると、改めて老舗ホテルの良さを感じさせる。

                     

                    最近ホテルは昔と異なり、いったんチェックインすると、ICチップ埋め込みのカードを持ち歩いて、自由に出入りでき、一々フロントを経由する必要がない。

                     

                    聞きたいことがあれば、コンシェルジェが対応してくれるので、フロントマンと話す機会はほとんどない。

                     

                    実際には、私もホテルは泊まるだけの用途で使っている。

                     

                    宿泊時、食事はつけず、好きな時間に好きな店に行って食べることにしている。

                     

                    寝るとき、「起こさないで」というカードをドアノブにかけ、出かける時、「掃除してね」というカードに切り替える。

                     

                    ホテルに宿泊するときは誰にも邪魔されず、自由気ままなスタイルを優先しているが、今回のような心配りをされると、ついほろりとなって、このような昔スタイルを残しているホテルもいいなと思ってしまう。

                     

                    結局、どちらが居心地の良いホテルと言えるのだろうか。


                    はとバス Tokyo X'masコレクション

                    0

                       

                      今回の東京旅行では、2回、はとバスツアーを使った。

                       

                      現在のはとバスツアーはメニューが豊富で、結構使える。

                       

                      初日の夜、「Tokyo X'masコレクション」ツアーを使った。

                       

                      はとバスHPに記述されているツアー説明

                       

                      クリスマスの美しい夜景に酔いしれる・・・
                      幻想的な「カレッタ汐留」と、ハートのオブジェの「お台場」を散策!
                      夕食は、落ち着いた雰囲気の「ヒルトン東京お台場・シースケープ」にて洋食ブッフェをお召し上がりください。
                      東京湾を見渡せるパノラマビューが自慢のダイニング。夜には東京の煌く夜景が一望できます!

                       

                      最初にカレッタ汐留でイルミネーション見学。

                       

                      ディズニーの「塔の上のラプンツェル」をテーマとしたイルミネーションショーである。

                       

                       

                      レインボーブリッジを通って、ヒルトン東京お台場「シースケープ」   で洋食ブッフェ。

                       

                      ヒルトンだけあって、飾り付けが見事である。

                       

                       

                       

                       

                      実はブッフェスタイルなので、食事内容は全く期待していなかったが、水準以上であった。

                       

                      特にローストビーフは中々の味。

                       

                       

                      私の好きなイチゴのシフォンケーキ。

                       

                       

                      ホテルの中から見えるレインボーブリッジがきれいだ。

                       

                       

                      ホテルの外に出ると、レインボーブリッジがもっと鮮やかに見える。

                       

                       

                      夜の東京駅も雰囲気たっぷり。

                       

                       

                      楽しい「Tokyo X'masコレクション」ツアーであった。

                       

                      それにしても、この洋食ブッフェの料金:¥4,800はお手頃価格で、コスパが良い。

                       

                      次回は、直接ヒルトンお台場「シースケープ」  に食事に行っても良さそうである。


                      | 1/3PAGES | >>