道の駅「遊YOUさろん東城」の桜

0

     

    先週末、東城辺りはまだ桜が咲いていた。

    山桜を見ながら、山道を走るのも悪くない。

     

    道の駅「遊YOUさろん東城」にも桜が咲いていた。

    別に桜の名所でなくても、暖かい沿岸部では既に散ってしまった時期に見る桜は新鮮である。


    「遊YOUさろん東城」のトイレに生けてある桜。
    意識してそうしたのか、偶然そうなったのかわからないが、裏の鏡に写っている花も含めた全体の華やかさが目を引く。

     

     

    道の駅の入り口の桜が満開。

     

     

    敷地内のいつの間にかお気に入りになった蕎麦屋。

     

     

    いつの間にかお気に入りになった肉うどん。

     

     

    蕎麦屋の裏の桜も満開。

     

     

    全てがのんびりとしていて、心が和む。

     

    何度も訪れて、同じ光景を目にしているはずであるが、今回初めて、心にとまった。

     

    特に変わったことはしていないし、取り立ててあげるほどの光景でもないのであろうが、きっと、自分の心が穏やかになっていることの裏腹だろう。

     

    残りの人生、このように心穏やかに生きて行くことができたらと願うこの頃である。
     


    岩国・錦帯橋 桜満開

    0

       

      今年は桜の開花が早い。

      この週末が見頃と、岩国・錦帯橋へ桜見物に出かける。

       

      何故かわからないが、広島は休祝日、観光客が引ける時間が早い。

      昼間は混雑している錦帯橋も夕刻前になると、どっと客が帰り始める。

       

      従って、夕刻前に行く。
      長年の経験で得たノウハウである。

       

      道路が混雑する錦帯橋正面側を避け、いつもの吉香公園側に行く。
      案の定、辿り着くまでの道は空いていた。

       

      17時になるまで、吉香公園内へは車は入れないよう、規制がかかっているが、それも長年の経験で得たノウハウで、法規制に触れることなく、中に入る道がある。

       

      公園内は、まだ多くの人がいたが、もう一山越した感じだ。
      然し、残念ながら、お気に入りの小次郎商店の「岩国寿司」は完売となっていた。

       

      私のお気に入りのスポット。

       

      私がもっとも好きな構図の写真。
      錦川に浮かぶ遊覧船、桜、ぼんぼり、松と桜越しに見える錦帯橋、まさに春爛漫。

       

       

      私達夫婦が好きな桜の古木3本。
      私達は、勝手に3本桜と名付け、いつまでも無事でいるよう応援している。

       

       

      近くで見ると、花だけでなく、「木」も見事である。

       

       

      ちなみに岩国は古い木と若い木が混在しているが、中にはこんなに頑張っている木もある。

       

       

      こちらは、淡いピンクの桜にからんで咲いている可憐なピンクのしだれ桜。

       

       

      岩国城を正面にして、昔のお堀の名残?越しに見える風景も好きだ。

       

       

      ざっとお気に入りスポット紹介は終わるが、しばらく来ない間に鵜の会館が出来ていた。
      この鵜達も鵜飼いのシーズンになると活躍するのだろう。

       

       

      岩国の桜は、他の桜の名所と比べても遜色ないと思う。

       

      然し、近年、老木となった木の枝を切り落としているせいか、昔ほどの華やかさがなくなったような気がする。

       

      自分の年齢による衰えと重ね合わせ、一種の侘しさを感じる花見でもある。
       


      国民休暇村讃岐五色台

      0

        車を買い換えて余り走っていないので、少し遠出をしようと国民休暇村讃岐五色台へ一泊旅行。

         

         

        私は国民休暇村を良く利用する。

        ほとんどが広大な敷地内に建てられ、自然環境に恵まれ、食事が美味しく、料金は低価格と好条件がそろっているからである。

         

        一時期、別荘を持ちたいと(誰もが一度は思う)、探したことがあるが、別荘を持つくらいなら、そのお金で旅行した方が良いという結論に至った。

         

        別荘は掃除をしたり、周りの草を抜いたり、ほとんど利用しない割りには、維持にかなりの工数がかかり、コストがかかる。

        それを考えると、初期コストや維持コストは不要で、好きな時に、好きな場所に行ける旅行をした方が良い。

        しかも、別荘にかかるコストは固定費に近いが、旅行費用は変動費なので、旅行回数で費用コントロールできる。

         

        こうして、旅行するようになり、遭遇したのが国民休暇村である。

        環境の良い広い敷地にあり、価格も安い国民休暇村は、別荘代わりに使うには最適である。

         

        中国地方、九州地方の休暇村は、ほとんど行ったが、今回は行きそびれていた讃岐五色台へ。

        讃岐五色台は、五色台という小高い山の頂上辺りにあり、そこに辿り着くまでの道は、結構、山岳ドライブが楽しめる。

        以前の車は模擬のマニュアル操作が出来、かなり楽しい運転が出来たが、車買い換えにより、マニュアル操作もどきはできなくなったものの、久しぶりに山岳ドライブを楽しんだ。

         

        今回は海が一望できる角部屋をとったので、瀬戸大橋が一望できる。

         

         

        部屋の正面に沈む夕陽はとてもきれいだ。

        余りにきれいだったので、夕食の時間をシフトして、夕陽が沈むまでの時系列写真を撮った。

         

         

         

        桜の季節は、五色台全体が桜一色になると聞いた。

        人気の宿なので、通常でも休日前日は相当早く予約しないと部屋が取れないし、更に今年は瀬戸大橋30周年のイベントも多いので、今年は行くのは難しそうだが、来年には是非桜を見に訪れたい。
         


        | 1/1PAGES |