花粉光環

0

    いよいよ、花粉症シーズンの到来。

    今年は花粉が多いと聞く。

    花粉症の私にとって、つらい時期が始まる。

     

    そんな折、「花粉光環」という言葉を耳にした。

    花粉光環とは、花粉によって現れる虹色の輪のことを言い、特に春のスギ花粉で起こるらしい。

    花粉光環が見える日は大量のスギ花粉が飛んでいるそうだ。

     

    スギ花粉の量が多く、粒の大きさが揃っている時ほど鮮やかな花粉光環が出るようで、おまけにスギの花粉光環はきれいな同心円で、色も鮮やからしい。

    昼、太陽の周りの出るようであるが、月夜でも出るらしい。

     

    私は、今まで一度も見たことがない(もしくは見ても気がつかない)。

    見た目、きれいな虹色の花粉光環は、花粉症の大敵である。

     

    虹色という表現は、夢とか希望とか、幸せいっぱいのイメージである。

    ところが、同じ虹色でも花粉光環の虹色は、花粉症にとって憂鬱な虹色である。

     

    春のきれいな虹色には気をつけよう。

    どんなイメージかというとこんなイメージ。
    (ネットの画像で、著作権を侵害していないと思われる写真)

     


    Amazonプライムに加入

    0

      Amazonプライムに加入した。

      年会費は、3,900円である。

       

      プライム会員の特典として謳われているのは、主に

      ・送料無料・返品無料の商品が増える
      ・プライム・ビデオが楽しめる
      ・プライム・ミュージックが楽しめる

      の3点。

       

      無料お試し期間が、一ヶ月あり、そのまま継続すれば有料となる。

       

      加入してみると、結構便利で、年3,900円で享受出来るメリットは多いと感じる。

       

      Amazonプライムに加入するまでは、ネットの買い物のメインは楽天であったが、プライム会員になってからは、ほとんどAmazonを使うようになった。

       

      楽天より送料無料の商品が多いメリットは大きい。

      然も、メール便では無く、立派な箱に入って来る宅急便である。

       

      無料で返品できる商品が多いことも大きなメリットである。

      返品無料と書いてある商品は当然であるが、無料と書かれていない商品も正当な理由があれば、対象となるケースが多い。

       

      気に入らなかったら、返却できるので、楽天より、気楽に買い物が出来る。

       

      然し、楽天カードで購入しているので、Amazonのポイントはつかず、楽天のポイントがたまるという呉越同舟状態で一本化出来ていない。

       

      ボチボチ、Amazonカードを作り、メインを楽天からAmazonに変えることを考えた方が良いと思うが、カードのバリエーションが多く、カード選択で悩まなければならないので、しばらくは現状維持ということになりそうだ。


      古希を迎え ブログにチャレンジ

      0

        私は今年、古希を迎えたバリバリの団塊世代である。

         

        パソコンは昔から使っているものの、ブログには今まで手を染めていなかった。

         

        古希を迎え、何か新たなことを始めたいと考え、今更ながらのブログにチャレンジすることとした。

         

        ブログを開設するに当たっては、どのブログサービスが自分に合っているかという検討から始まり、費やした準備期間は約一ヶ月。

         

        最も悩んだのは、ブログのタイトル。

         

        ネーミングでセンスの善し悪しがわかるが、所詮はセンスのない私には考えても良いアイディアは浮かんでこない。

         

        そこで、恐る恐る決めたタイトルが、「暖快トークルーム」である。

         

        私が書けることは、せいぜい団塊世代のつまらない戯言くらいなので、単純に「団塊世代の戯言」にしようかもと思ったが、少しひねりを入れて、同じ戯言でも暖かく心地よい戯言という意味を込めて、「暖快トークルーム」とした。

         

        つまらない内容の記事しか書くことはできないと思うが、古希のチャレンジ項目として、続けて行きたい。

         

        どうかよろしくお願い致します。

        広島ブログ
        70歳代ランキング


        | 1/1PAGES |