calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

categories

archives

広島ブログ

にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村


70歳代ランキング

怪しいショートメール

0

     

    スマホのショートメールに怪しいメールが立て続けに3通届いた。

     

    一通目
    TカードサポートセンターよりT-DM停止用URLをお送りします。
    http: URLを記述

     

    二通目
    【LABIカード】もれなくヤマダポイント3千円分プレゼント!キャンペーン詳細・配信はこちら
    https: URLを記述

     

    三通目
    確認コード:××××××(6桁の数字)
    上記の番号を画面へ入力して下さい。
    Yahoo! Japan

     

    Fromはいずれも、0032069000。

     

    ショートメールなので、携帯電話番号当てに出している何とも言えない気持ちの悪いメールである。

     

    ネットで調べて見ると、0032069000からの怪しいメールは以前からあるようだ。

     

    私の場合、情報登録で電話番号は固定電話を登録していたが、いつも側にあるスマホの方が便利が良いので、最近は携帯番号を登録するように変えた。

     

    それで携帯番号の露出度が高くなったためか、着始めたショートメールのように思える。

     

    最近、アポ電の話題もよく取り上げられており、油断も隙もない世の中になってしまった。


    SNSもリスキー、電話もリスキー、人や車もリスキー。

     

    何もかもリスキーで、性悪説がまかり通る世の中になるのであろうか。


    飲んだ後のシメのラーメン考

    0

       

      シメのラーメンについてのあるコメンテーターが言っていた話である。

       

      そのコメンテーターは大のラーメン好きで、飲んだ後も必ずシメにラーメンを食べていた。

       

      ところが、シメのラーメンをやめた同じ時期から、ほとんどラーメンを食べなくなったとのことである。

       

      この話を聞いて、私は心の中で思わず頷いた。

       

      かつて私は大のラーメン好きで、ラーメンを求めて色々な店に行った。

       

      もちろん、飲んだ後のシメはラーメン。

       

      ところが、ある時期から、シメのラーメンを食べなくなった。

       

      体に悪いと思って止めたわけではなく、自然に食べなくなった。

       

      同時に、それ以来、ラーメンをほとんど食べなくなった。

       

      コメンテーターと同じパターンなのである。

       

      偶々、コメンテーターと同じだったのか、もっと普遍的なパターンなのかわからないが、不思議な気がした。

       

      そう言えば、どうしてシメのラーメンをやめたのか?
      そのきっかけは何だったのか?
      どうして同じ時期にラーメンを食べなくなったのか?

       

      ネットで調べると、シメのラーメンを食べたくなるのは、ちゃんとした科学的根拠があるようである。


      色々難しいことが書いてあるが、要はアルコールを飲むことで

       

      ・血糖値が低下し、空腹感を感じる
      ・利尿作用により水、塩分が不足する

       

      それを補う条件を満たしているのがラーメンという理屈である。

       

      そう考えると

       

      年を取って余りお酒が飲めなくなった
        ↓
      シメのラーメンを食べたくなる状態に至らなくなった
        ↓
      年を取り、くどい味のものが余り食べられなくなった
        ↓ 
      結果として、ラーメンもほとんど食べなくなった

       

      というあたりが自然の考えのように感じる。

       

      こんなことで年を取ったと思いたくないのであるが、残念ながら事実だと認めざるを得ないのであろう。

       

       


      飲んだ後に食べたい「シメグルメ」

      0

         

        テレビで紹介していた飲んだ後に食べたい「シメグルメ」の2019年ベスト5。

         

        1位:アイスクリーム
        2位:ラーメン
        3位:お茶漬け
        4位:コーヒー・紅茶
        5位:ケーキ

         

        1位がアイスクリームとは意外であった。

         

        理由は飲んだ後、さっぱりとして気持ちいいということだ言っていたが、私の頭の中では、ラーメンがダントツ1位であることは揺るぎないことだと思っていた。

         

        ちなみに、2016年の順位は以下の通り。

        1位:ラーメン
        2位:お茶漬け
        3位:パフェ
        4位:うどん
        5位:おにぎり

         

         

        2016年のデータには違和感はない。

         

        飲みに出ていた若い頃の自分のことを思い出してみる。

         

        シメは絶対にラーメンであった。

         

        お腹が空いていなくても、飲んだ後はラーメンを食べて帰らないと気持ち的に収まりがつかなかった。

         

        しかも帰宅して、お茶漬けも食べていたので、これらが1位、2位を占めていて当然という思いである。

         

        3位のパフェも、部下との飲みで女の子もいるときは、食事後、みんなでパフェを食べに行き、その後、飲みに行っていた。

         

        うどん、おにぎりも何となくわかる。

         

        それに引き換え、2019年のデータは、新たにアイスクリーム、コーヒー・紅茶、ケーキがベスト5に入っていることには大きな違和感を感じる。

         

        私がよく飲みに出ていたのはかなり昔で、それから2016年までは余り変化がない。

         

        2019年までの3年間で大きく変わったと言える。

         

        何がそうさせているのかわからないが、飲んだ後のシメグルメにも、変化の波が押し寄せていることを痛感した。

         

        全く関係ないことであるが、昔イギリス人の友達と飲みに出ると、彼のシメは、必ずミスタードーナツであることを思い出した。

         

        大げさに言えば、食文化の変化なのだろうか?


        今月のコーヒーカップ エインズレ 蝶のデザイン

        0

           

          今月のコーヒーカップは、蝶のデザインのエインズレのカップ&ソーサー。

           

          ボーンチャイナの白に描かれたカラフルなデザインに強く惹かれて購入したカップである。


          カップの周りのカラフルな蝶のデザインに加え、カップの内側の一匹の蝶。

           

           

          ソーサーも蝶に囲まれている。

           

           

          エインズレはイギリスの窯であるが、模様は伊万里焼そのもの。

           

          きっと中世に取り入れられたデザインなのであろう。

           

          蝶のデザインのカップでコーヒーを飲みながら、春の到来を待っている私である。


          お薦めドライブコース 道の駅上関海峡

          0

             

            上関城山歴史公園に河津桜を見に行くことになったそもそもは、道の駅上関海峡へ食事&買い物に行ったからである。

             

            4週間のうちで、3回この道の駅を訪れている。

             

            最初に行って食べたクルマエビの天丼が美味しく、2回目も同じクルマエビの天丼を食べた。

             

            ところが、2回目は揚げた油が古かったのか、食べた後、当分の間胃がもたれ、てんぷらは食材だけでなく、揚げる油も重要な要素と改めて感じた。

             

            今回は煮魚定食。

            タイかブリと書いてあったが、運良く、タイの頭が2つ。

             

             

            刺身を取った後のアラ煮なので、美味しい。

             

            とにかく魚が安くて美味しいので、毎回色々買って帰る。

             

            タイ。
            最初選んでいたタイは、チダイというタイで、こちらがマダイと教えてもらった。
            チダイを調べると、刺身が美味しいらしいので、今度はチダイも買ってみようと思う。

             

             

            アナゴ
            タレをつけず、白焼きにして、わさびで食べて大正解。

            ただ私の炙り方は下手である。

             

             

            オコゼ(買ったときは生きていた)
            刺身と味噌汁にしたが、外で食べると、¥3,000以上はするだろうが買った価格は¥680。
            身はもちろん、肝が甘くて、オコゼが美味しいある店で食べたオコゼより美味しかった。

             

             

             

            他にタチウオ、サバ、タコ、カワハギ等々、買ったがどれも大満足。

             

            安くて活きの良い美味しい魚。

             

            高速道路を使っても行く価値は十分にある。

             

            おまけに途中から海岸線が広がるコースは、これからの季節、お薦めのドライブコースである。


            上関城山歴史公園 河津桜

            0

               

              上関城山公園に花見に行った。

               

              今年初めて知った上関の河津桜。

               

              運の良いことに、ちょうど満開の時期に来たようである。

               

               

              こんなに見事に咲いてきれいだとは知らなかった。

               

               

              初めて生で見る河津桜はソメイヨシノより、ピンクの色が濃い花が可憐である。

              ソメイヨシノに感じるはかなさと対照的である。

               

               

              河津桜と瀬戸内の風景のコンビネーションも見応えがある。

               

               

              行ったのは昨日、ちょうど桜祭りの最後の日曜。

               

              少し場所は離れているとは言え、人出が少ないのにも驚いた。

               

              こんな見事な河津桜を見ることが出来る公園であるにもかかわらず、多少道路は混んでいたものの楽に駐車できたのは、ありがたかった。

               

              然し、もっと多くの花見客で賑わってもおかしくないところである。

               

              魚も美味しいし、もっと上関の良さをアピールして観光客を呼び込めば、原発に頼る必要もないと感じるのだが。。。


              私の健康法その1 〜有酸素運動〜

              0

                 

                自由気ままに生きている私であるが、そうするための努力はしている。

                 

                その1つが有酸素運動である。

                 

                有酸素運動とは、体内に酸素を多く取り込む運動なので、身体に悪いわけがないと思うからである。

                 

                実際、ネットで調べると、多くの効果が載っている。

                 

                リンクフリーのサイトに、有酸素運動の効果について詳しく記述されていたので、当サイトに掲載されている内容を紹介する。

                 

                ★血中の脂肪を減少させ、病気の予防・改善に役立つ★

                血液中の余分な中性脂肪、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増やす効果がある。
                そのことが動脈硬化を防ぐことになり、「脳梗塞」や「狭心症」「心筋梗塞」をはじめ生活習慣病の予防になる。
                ガンの予防にもなる。

                 

                ★体脂肪を燃焼させる★

                有酸素運動をはじめて20分あたりから、体脂肪(内臓脂肪・皮下脂肪)がおもなエネルギー源になる。
                内臓脂肪は代謝が活発なため、つきやすい代わりに落としやすく、まずは内臓脂肪のほうがどんどん使われていく。
                内臓脂肪が減ることで生活習慣病の予防になり、皮下脂肪が減ることでダイエットに効果があり、これもまた病気にかかるリスクを減らすことになる。

                 

                ★血中の糖質を消費するので、血糖値が下がる★

                有酸素運動においても、はじめは血液中の糖質をおもに使っていくので、インスリンの力だけに頼らずに血糖値を下げることができ、糖尿病の予防・改善につながる。

                 

                ★血行がよくなり毛細血管が発達する★

                血液中の余分な脂肪が減ると”さらさら血”になるので、全身に血液が滞りなく流れるようになる。
                毛細血管もより多く張り巡らされていき、通り道が拡がるようになる。
                そのため、体のすみずみまで栄養・酸素が速やかに運搬され、新陳代謝も活発になる。美肌効果もある。
                血行がよくなり毛細血管が拡張するということは、あらゆる体の不具合を改善していく基本。

                 

                ★心肺機能が高まる★

                有酸素運動のトレーニングを続けていくことによって、心臓の筋肉が鍛えられて大きくなり、一度に酸素を取り込む量を増やすことができる。
                よって、心拍数を上げなくても、多くの酸素を取り込めるようになる。


                ★活性酸素を減らす★

                活性酸素は本来必要だが、多くなりすぎると細胞の酸化がどんどん進んでいき、あらゆる病気を引き起こす元となる。
                有酸素運動をしても活性酸素は生じない。
                むしろ減らしていく効果がある。
                ただし、「車の排気ガス」を吸っていると、体内に活性酸素を生じてしまうので、交通量の多い場所でのウォーキングは注意が必要。

                 

                ★足腰の筋肉が鍛えられる★

                足は体を支える土台であり、健康の元である。
                足の筋肉は脳とも深い関係があり、人間は二足歩行とともに脳が発達してきた。
                全身の筋肉の約7割は足の筋肉に集中している。
                足の筋肉が強くなれば、骨も密度が濃くなり丈夫になる。
                老化は足からといわれるように、足腰の筋肉を鍛えることは、若さを保つ基本。

                 

                ★疲労回復が早まる★

                心臓から送り出されてきた「動脈血」は、今度は「静脈血」として心臓へ戻っていく。
                足の筋肉を有酸素運動によって強化すると、足がポンプのような働きをして、静脈血を速やかに心臓へと送り返せるようになり、心臓の負担を軽減する。
                このため、足は「第二の心臓」といわれる。
                このとき乳酸などの疲労物質も押し流してくれて、疲れを早く取ることができる。
                有酸素運動とともにストレッチも行うと、より速やかに疲れを取ることができる。
                有酸素運動自体、疲労物質(乳酸)を生じない運動のため、疲れがたまらない。
                だから長時間運動できるといえる。

                 

                ★自律神経を整える★

                 「交感神経」と「副交感神経」のバランスを整え、過度の交感神経の働きを抑制し、副交感神経優位にし、リラックス効果がある。
                ゆえに自律神経の崩れからくる原因不明の症状を改善することができる。

                 

                ★睡眠を促進する★

                適度な疲労によって、よく眠れる効果がある。
                自律神経の観点で「眠り」を考えると、有酸素運動をすると運動中は交感神経が優位になるが、そのあと比較的はやく「副交感神経」が優位になるので、寝つきがよくなる。

                 

                ★脳の機能が高まる★

                脳への血行もよくなるので、多くの酸素と栄養がよく行き届くようになる。
                頭の回転が早くなり、五感が以前より研ぎ澄まされてくる。
                記憶力、理解力、判断力など、脳の機能が活性化され、ボケ防止にも効果がある。
                有酸素運動を行うことによって、動脈硬化の危険が減り、脳への血流もスムーズになるので脳卒中の予防にもなる。

                 

                ★ストレス解消に効果がある★

                体を動かして体内の余分なエネルギーを発散させることで、たまったストレスも発散され、気分転換になる。
                体を動かすことは基本的なストレス解消法であり、有酸素運動はもっとも効果的。
                有酸素運動の場合は、運動それ自体が楽で疲労を残さず、爽快感を感じ、リラックスを生む。

                 

                身体に良いことだらけである。

                 

                私には医学の知識はないので、記述されていることが全て当たっているかどうかはわからないが、読んで納得する箇所は多い。

                 

                また実際に有酸素運動を行っている人間として、共感できる記述も多い。

                 

                有酸素運動は身体に負担をかけないので、誰にも出来ることである。

                 

                ただ地味な運動のため、根気よく続けることが必要である。

                 

                私は脊柱管狭窄症のため、陸を歩けないため、水中ウォーキングをしているが、ウォーキングの後、ミストサウナに入り、風呂につかり、心地よい疲れで、睡眠もよく取れる。

                 

                水中を黙々と歩くのは地味で暗い運動であるが、その効果を考えながら歩くことで大きな動機付けになっている。


                マリアージュフレール PARIS-GINZA

                0

                   

                  私達夫婦が好きな紅茶はマリアージュフレール。

                   

                  愛用し始めて、結構経つ。

                   

                  妻が紅茶好きで、色々と飲んだが、現在はトロピカル、マルコポーロの定番品で始まったマリアージュフレールに落ち着いている。

                   

                  5年前、銀座本店に行き、出会ったフレーバーティーが、PARIS-GINZA。

                   

                   

                  マリアージュ フレール 銀座本店オープン15周年を記念して発売した商品で、試飲して二人が気に入り、買って帰り、当分楽しんでいたが、とうの昔になくなった。

                   

                  かつては広島三越で購入していたが、随分前から取り扱っておらず、広島で購入出来る店を知らない。

                   

                  昨年末、5年ぶりに東京旅行した際、PARIS-GINZAを求めて、銀座本店に行った。

                   

                  ひょっとして期間限定商品で、既になくなっているかも知れないと、恐る恐る店員に、まだ販売しているか訊く。

                   

                  嬉しいことに期間限定ではなく、通常商品となっており、当然ゲットして帰った。

                   

                  久しく飲んでいなかったPARIS-GINZAは、期待を裏切ることなく美味しい。

                   

                  私の個人的な意見として、紅茶は割とつんとした味が多い気がするが、このPARIS-GINZAは、まろやかで口に含むと爽やかな甘さと香りが広がり、優雅な気分にさせてくれる。

                   

                  やはり東京には頻繁に遊びに行かなければだめである。


                  2019年思い切ってやめたいこと

                  0

                     

                    テレビで放映していた「2019年思い切ってやめたいこと」の1位〜8位。

                     

                     

                    1位:無駄使い・衝動買い
                    2位:食べ過ぎ・飲み過ぎ
                    3位:無理しての人付き合い
                    4位:夜更かし
                    5位:不規則な生活
                    6位:スマホの使いすぎ
                    7位:お菓子・甘いもの
                    8位:喫煙

                     

                    これを自分にあてはめて考えてみた。

                     

                    「3位:無理しての人付き合い」
                    変なしがらみがなくなり,無理してつきあうことはなくなった。
                    今は、付き合いたい人との自由なつきあいだけ。
                    それも仲間同士で、お互い無理しないことを原則とし、苦楽に付きあえるのでとても楽である。

                     

                    「6位:スマホの使いすぎ」

                    職業柄、パソコンを使い慣れている私に取って、スマホは画面が小さく見づらく、かつ使いづらい。
                    長時間使うのはしんどいので、必然的に使い過ぎることはない。
                    重宝して使っているのは、音声検索とラインくらいである。

                     

                    「7位:お菓子・甘いもの」
                    甘いものは嫌いではないが、多めに食べると口の中が甘くなり、気持ち悪くなるので食べる量は少量ですむ。

                     

                    「8位:喫煙」
                    2001年に禁煙完了。

                     

                    問題は、1位、2位、4位、5位である。

                     

                    1位:無駄使い・衝動買い
                    これは私に取って、永遠の課題である。
                    若いときから「無駄使い・衝動買い」の過ちは犯し続けてきたが、断捨離を行うべき歳になっても、まだ治らない。
                    これから克服しなければならない最重要項目である。

                     

                    2位:食べ過ぎ・飲み過ぎ
                    食べることが大きな生きがいの1つとなった現在、抑えようと動機づける根拠がない。
                    ネガティブな考え方かも知れないが、男性の平均健康寿命が72歳であることを考えると、無理して抑制する必要はないと思っている。
                    どんなに節制しても無条件にガタは来るのだから。

                     

                    「4位:夜更かし」、「5位:不規則な生活」
                    これは、2位に通じるものがある。
                    友達と美味しいものを食べに出ると、ついもう一軒行きたくなるのは男として正常と、自分に変な言い訳をしている。
                    その結果、その場は楽しいが、翌日は体調がすぐれないがこれは自己責任の範囲なので耐えることが出来る。

                     

                    こうして書いていると、自分の馬鹿さ加減が見えて来るが、この歳になると変に節制し我慢してまで長く生きようとは思わない。

                     

                    く長くは性に合わない。

                     

                    神のみぞ知る男性の健康寿命。

                     

                    否が応でも、いつどこに体調に異変が生じてもおかしくない年齢だからである。


                    ジ アウトレット広島グルメタウンvol7 讃岐屋

                    0

                       

                      今日はボーカルレッスンの日であると同時にジ アウトレット広島グルメタウン制覇の日。

                       

                      妻が息子の嫁にも声をかけたので、孫娘も一緒のランチなので、2歳の子供が食べられる讃岐屋に行った。

                       

                      食事が終わってフィットネスクラブに行く日なので、お腹が空かないよう、ちょっとガッツリ系で、むすび、うどん唐揚げのセットを注文。

                       

                       

                      むすびが美味しそうだったが、やはりむさしに一日の長ありと言える。

                       

                      若いファミリー層ターゲットの店のようなので、孫と一緒の時は便利かも知れない。

                       

                      これで、7/31店舗制覇。


                      | 1/26PAGES | >>